ビットコインとは

ビットコインの特徴

最も多く取引されている仮想通貨
サトシ・ナカモトと名乗る人物が発表した論文に基づき運用が開始され、現在は最も知名度が高く、時価総額と取引量の多い仮想通貨です。ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」(Altcoin)と呼ばれ、その多くがビットコインを原型に作られたものです。
急激な価値拡大
2009年に運用が開始された当初はほとんど価値がつかなかったものの、2017年以降は価値が急激に上昇。2017年12月に1ビットコインが200万円を超え、1年で20倍以上も値上がりしました。
急激な価値拡大

ビットコインの仕組み

ブロックチェーン技術
「ブロックチェーン」(Blockchain)と呼ばれる技術を使っているため、ビットコインには政府や銀行のような中央管理者が存在しません。その代わりに、ビットコインの取引データは分散化されたコンピュータによって記録され、取引台帳を改ざんすることが極めて困難であると見られています。
P2Pネットワーク
ビットコインの送付はネットワークを介してP2P(Peer to Peer、個人間)で行われるたため、低コストでスピーディーな送付が実現できました。
ブロックチェーン技術

ビットコインの今後

処理速度とコストの改善
ビットコイン取引の拡大に伴い、処理速度が取引の増加に追いつかず、処理手数料が高騰しがちという問題があります。

それに対し、取引データを圧縮することで処理の負担を軽減する「Segwit」という仕組みの導入が広がっています。また、取引の処理を「ライトニングネットワーク(Lightning Network)」という別のネットワークで行い、処理の記録だけブロックチェーンに送信することで効率化を図るという解決法もあり、問題の改善が期待されています。
ビットコイン決済の開花
近年、店頭での買い物から不動産購入まで、ビットコインの利用が日常生活に浸透しています。決済の速さとコストの低さから、ビットコインを使う決済の普及が予想されます。
「ビットコイン一強」時代の終焉
今までビットコインが断トツの取引量を誇っていましたが、「仮想通貨元年」とも言われる2017年以降、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)も脚光を浴びており、ビットコインとの取引量の格差が縮小しています。今後、アルトコインに対する投資家の認知度が高まると、「ビットコイン一強」の構図が変動する可能性もあります。
ビットコインを始めるなら
GMOコイン

口座をお持ちの方は

ログイン

まだ口座をお持ちでない方は

無料口座開設

チャットで質問

ログイン