イーサリアム(ETH)とは

イーサリアムの特徴

時価総額第2位の暗号資産(仮想通貨)

2013年、Vitalik Buterinにより考案され、2014年に販売が開始されました。2018年3月現在はビットコインに次ぐ時価総額第2位の暗号資産(仮想通貨)です。

分散型アプリケーションプラットフォーム

ビットコインと違い、イーサリアムは「分散型アプリケーション」(Decentralized Applications、略称DApps ※)のプラットフォームのために開発されました。このプラットフォームを実現させたのが「スマートコントラクト」技術です。

※DAppsとは、ブロックチェーン技術に基づいて暗号トークンを利用し、ユーザー合意のもとで改善可能なオープンソース・アプリケーションのことです。ビットコインや仮想猫育成ゲームのCryptoKittiesがその代表例となります。

イーサリアムの仕組み

スマートコントラクト

イーサリアムの根底をなす最大の特徴は「スマートコントラクト」(Smart Contract)技術の利用です。「スマートコントラクト」とは、取引契約を人の手を介さず、自動化してスムーズに行うための仕組みです。

イーサリアムのスマートコントラクトを利用すると、例えばカーレンタルで実店舗に訪れる必要がなく、契約が成立すると契約情報が自動的にキーとして付与され、契約から決済そしてレンタル終了まで、すべてネットで完結できるサービスの運用が今後予想されています。この場合、契約情報がブロックチェーン上に永久に保存され、改ざんされるリスクが低いです。また、仲介を必要としないため手数料はかからず、手続きの時間短縮も可能です。

イーサリアムの今後

ICOに伴う発展

最近資金調達の手段としてICO(Initial Coin Offering)が話題を呼んでいます。ICOとは、新規プロジェクトやサービスの資金調達のために独自の暗号資産(仮想通貨)を発行し、その独自通貨を投資家に提供する対価として暗号資産(仮想通貨)を受け取ることです。ICOでは、多くの場合、対価となる暗号資産(仮想通貨)にイーサリアムが指定されます。そのため、ICOが活発化するとイーサリアムに対する需要も高まる可能性があります。

EEAの展開

2017年2月に、企業レベルでのイーサリアム・スマートコントラクトのビジネス活用を目的とし、EEA(Enterprise Ethereum Alliance、イーサリアム企業連合)が発足されました。JPモルガンやマイクロソフト、トヨタ自動車など、国内外の大手企業数十社が加入しており、今後の展開が注目されています。

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・相場が大きく変動した場合、注文価格と、実際の約定価格との間に差が生じる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産取引は、元本を保証するものではなく、価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
・物品の購入・売却や借受またはサービスの提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用できます。なお、暗号資産は代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産は本邦通貨又は外国通貨ではありません。また、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産の価格が変動することによって元本の損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。

ページTOPに戻る
かんたん口座開設