GMOコイン株式会社

イーサリアムとは

イーサリアムの特徴

時価総額第2位の仮想通貨
2013年、Vitalik Buterinにより考案され、2014年に販売が開始されました。2018年3月現在はビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。
分散型アプリケーションプラットフォーム
ビットコインと違い、イーサリアムは「分散型アプリケーション」(Decentralized Applications、略称DApps ※)のプラットフォームのために開発されました。このプラットフォームを実現させたのが「スマートコントラクト」技術です。 ※DAppsとは、ブロックチェーン技術に基づいて暗号トークンを利用し、ユーザー合意のもとで改善可能なオープンソース・アプリケーションのことです。ビットコインや仮想猫育成ゲームのCryptoKittiesがその代表例となります。
時価総額第2位の仮想通貨

イーサリアムの仕組み

スマートコントラクト
イーサリアムの根底をなす最大の特徴は「スマートコントラクト」(Smart Contract)技術の利用です。「スマートコントラクト」とは、取引契約を人の手を介さず、自動化してスムーズに行うための仕組みです。

イーサリアムのスマートコントラクトを利用すると、例えばカーレンタルで実店舗に訪れる必要がなく、契約が成立すると契約情報が自動的にキーとして付与され、契約から決済そしてレンタル終了まで、すべてネットで完結できるサービスの運用が今後予想されています。この場合、契約情報がブロックチェーン上に永久に保存され、改ざんされるリスクが低いです。また、仲介を必要としないため手数料はかからず、手続きの時間短縮も可能です。
スマートコントラクト

イーサリアムの今後

ICOに伴う発展
最近資金調達の手段としてICO(Initial Coin Offering)が話題を呼んでいます。ICOとは、新規プロジェクトやサービスの資金調達のために独自の仮想通貨を発行し、その独自通貨を投資家に提供する対価として仮想通貨を受け取ることです。ICOでは、多くの場合、対価となる仮想通貨にイーサリアムが指定されます。そのため、ICOが活発化するとイーサリアムに対する需要も高まる可能性があります。
EEAの展開
2017年2月に、企業レベルでのイーサリアム・スマートコントラクトのビジネス活用を目的とし、EEA(Enterprise Ethereum Alliance、イーサリアム企業連合)が発足されました。JPモルガンやマイクロソフト、トヨタ自動車など、国内外の大手企業数十社が加入しており、今後の展開が注目されています。
ICOに伴う発展
イーサリアムを始めるなら
GMOコイン

口座をお持ちの方は

ログイン

まだ口座をお持ちでない方は

無料口座開設

チャットで質問

ログイン