ライトコインの特徴

2011年ビットコインをベースに開発が開始された通貨であり、そのため元となるビットコインと比較されることが多い通貨です。

処理速度

ビットコインでは約10分に1ブロックが生成されるのに対し、ライトコインは約2.5分おきに1ブロックが生成されます。そのため、ライトコインの取引処理はビットコインより速やかに完了できます。(※)

※ライトコイン及びビットコインブロックチェーンのネットワーク状況により、例外もあります。

発行数量

ビットコインの発行数量上限は2,100万ですが、ライトコインの上限はその4倍の8,400万と設計されています。

ライトコインの今後

決済サービスでの普及

ライトコインは元々実用化を重視して開発されたもので、処理スピードが早く取引手数料が低いことから、決済用通貨に適しています。今後、クレジットカードなどと連携する新たな決済サービスの登場など、ライトコインの利用が広く普及する可能性を秘めています。

ビットコインとの関係性

ビットコインの欠点を補うため開発されたライトコインですが、ビットコインが有事の際の「避難先」としての側面が考えられます。また、ビットコインの一般化に連れて、今後ライトコインの認知度が更に高まる可能性があります。