1. ホーム
  2. チャート一覧・マーケット情報
  3. ライトコイン(LTC)とは

ライトコイン(LTC)とは

ライトコイン(LTC)の特徴

2011年ビットコイン(BTC)をベースに開発が開始された暗号資産(仮想通貨)であり、そのため元となるビットコイン(BTC)と比較されることが多い暗号資産(仮想通貨)です。

処理速度

ライトコイン(LTC)の特徴

ビットコイン(BTC)では約10分に1ブロックが生成されるのに対し、ライトコイン(LTC)は約2.5分おきに1ブロックが生成されます。そのため、ライトコイン(LTC)の取引処理はビットコイン(BTC)より速やかに完了できます。(※)

ライトコイン(LTC)およびビットコインブロックチェーンのネットワーク状況により、例外もあります。

発行数量

ビットコイン(BTC)の発行数量上限は2,100万ですが、ライトコイン(LTC)の上限はその4倍の8,400万と設計されています。

ライトコイン(LTC)の今後

決済サービスでの普及

ライトコイン(LTC)の今後

ライトコイン(LTC)は元々実用化を重視して開発されたもので、処理スピードが早く取引手数料が低いことから、決済用通貨に適しています。今後、クレジットカードなどと連携する新たな決済サービスの登場など、ライトコイン(LTC)の利用が広く普及する可能性を秘めています。

ビットコイン(BTC)との関係性

ビットコイン(BTC)の欠点を補うため開発されたライトコイン(LTC)ですが、ビットコイン(BTC)が有事の際の「避難先」としての側面が考えられます。また、ビットコイン(BTC)の一般化に連れて、今後ライトコイン(LTC)の認知度が更に高まる可能性があります。

LTCの価格・相場・チャート