1. ホーム
  2. チャート一覧・マーケット情報
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコイン(BTC)のハードフォークにより誕生

ビットコイン(BTC)のハードフォークにより誕生

ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月1日、ビットコイン(BTC)がハードフォークしたことにより誕生した暗号資産(仮想通貨)です。

ハードフォークの背景に、ビットコイン(BTC)の「スケーラビリティ問題」が存在します。「スケーラビリティ問題」とは、ビットコインネットワークの処理能力が制限されていたため、ビットコイン(BTC)取引の拡大に伴って未処理の取引が溜まり、平均処理速度が低下し処理手数料が高騰する問題です。

この問題の解決には、「セグウィット(Segwit)」と「ビッグブロック(Big Block)」の2通りの方法が提起されました。

セグウィットの場合、取引データ自体を圧縮するため、ネットワークの処理能力が変わらなくとも、処理のスピードが上がります。セグウィットは、暗号資産(仮想通貨)の永久的分裂を伴わない「ソフトフォーク」によるものです。

これに対し、ビッグブロックは処理能力を向上させることにより、ネットワークの混雑を解消します。この方法は取引記録台帳の分岐を生じさせるため、暗号資産(仮想通貨)の永久的分裂を伴う「ハードフォーク」に該当します。

このハードフォークにより誕生したのが「ビットコインキャッシュ(BCH)」です。

「ビットコインキャッシュ(BCH)」と「ビットコイン(BTC)」の違い

「ビットコインキャッシュ(BCH)」と「ビットコイン(BTC)」の違い

ビットコイン(BTC)から派生したため基本的な仕様はビットコイン(BTC)と同じですが、ネットワークの処理能力を象徴する「ブロックサイズ」については、ビットコイン(BTC)の場合は上限が1MBであるのに対し、ビットコインキャッシュ(BCH)は32MBとなっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後

ビットコインキャッシュ(BCH)の後、ビットコイン(BTC)が複数回意図的にハードフォークされ、ビットコインゴールド(BCG)などの暗号資産(仮想通貨)が新たに誕生しましたが、セキュリティ面の対応や運営状況の問題で市場の受入具合にばらつきがあります。

それに対し、現状ビットコイン(BTC)のハードフォークによって誕生した暗号資産(仮想通貨)で最も認知度が高く、取引量が多いのはビットコインキャッシュ(BCH)です。米大手取引所コインベース(Coinbase)への上場や、ビットコイン(BTC)決済大手のビットペイ(Bitpay)におけるビットコインキャッシュ(BCH)の採用をはじめ、今後利用の更なる拡大が見込まれます。

BCHの価格・相場・チャート