目的からサービスを探す

2ステップで選べる、あなたにオススメのサービス!

1. 暗号資産(仮想通貨)を現物資産として保有したいですか?

2. シンプルな2WAY方式での取引をしたいですか?

あなたにオススメのサービスは

「暗号資産FX」

  • ・レバレッジを使った資金効率のよいお取引が可能
  • ・暗号資産FX専用アプリもあり、快適なお取引が可能
  • ・IFDやOCOなどの、豊富な注文方法がご利用いただけます

あなたにオススメのサービスは

「販売所」

  • ・購入した暗号資産(仮想通貨)は、資産として手元に残ります
  • ・取引価格はシンプルな2WAY方式で、買値と売値が明確
  • ・提示された価格ですぐ暗号資産(仮想通貨)を売買いただけます

あなたにオススメのサービスは

「取引所(現物取引)」

  • ・購入した暗号資産(仮想通貨)は、資産として手元に残ります
  • ・板取引画面で相場状況を見ながら、お取引いただけます
  • ・最大取引数量が販売所よりも多く、大口のお取引が可能

あなたにオススメのサービスは

「取引所(レバレッジ取引)」

  • ・レバレッジを使った資金効率のよいお取引が可能
  • ・板取引画面で相場状況を見ながら、お取引いただけます

かんたんサービス比較(ビットコイン)

  • 販売所
  • 取引所(現物取引)
  • 取引所(レバレッジ)
  • 暗号資産FX
販売所 取引所(現物取引) 取引所(レバレッジ) 暗号資産FX
取引手数料 無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
Maker:-0.025%
Taker:0.030%
無料
暗号資産(仮想通貨)の現物保有 - -
レバレッジ - - 4倍 4倍
最大注文数量(※) 5 BTC / 回 5 BTC / 回 5 BTC / 回 5 BTC / 回
最大取引数量(※) 100 BTC / 日 100 BTC / 日 1,000 BTC / 日 300 BTC / 日
建玉保有上限(※) - - 250 BTC 250 BTC
価格表示 2WAYプライス 板情報 板情報 2WAYプライス
注文タイプ - 成行、指値、逆指値 成行、指値、逆指値 成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCO
売り建て - -
ロスカット - -
ロスカット方式 - - 建玉単位および口座単位 口座単位
取引ツール スマートフォンアプリ
『GMOコイン 暗号資産ウォレット』
スマートフォンアプリ
『GMOコイン 暗号資産ウォレット』
スマートフォンアプリ
『GMOコイン 暗号資産ウォレット』

PC取引専用
『WebTrader』
スマートフォンアプリ
『ビットレ君』

※「最大注文数量」「最大取引数量」「建玉保有上限」の適用条件等詳細は、各サービスの取引ルールをご確認ください。

販売所と取引所(現物取引)の違い

 
販売所
取引所(現物取引)
価格表示

販売所

2WAYプライス

売値と買値だけが表示されます。

取引所(現物取引)

板情報

全ての注文内容が板情報として表示されます。

取引相手

販売所

GMOコイン

当社から提示された価格で、売買することができます。

取引所(現物取引)

GMOコインのお客様(※1)

ご自身の買い注文/売り注文に対当する注文が板にある場合に売買が成立します。

取扱銘柄

販売所

9銘柄

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー (OMG)

取引所(現物取引)

5銘柄

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)

注文方法

販売所

 

希望する暗号資産(仮想通貨)の数量を指定して注文します。

取引所(現物取引)

成行、指値、逆指値

注文方法を以下から選択いただけます。
[成行]
希望する暗号資産(仮想通貨)の数量を指定して注文します。
[指値、逆指値]
希望する暗号資産(仮想通貨)の数量と価格を指定して注文します。

取引手数料

販売所

無料

取引手数料は無料ですが、スプレッドと呼ばれる売値と買値の差が実質的な手数料として発生します。

取引所(現物取引)

Maker:-0.01%  Taker:0.05%

スプレッド(売値と買値の差)のほか、Maker/Taker(※2)別に取引手数料が発生します。

※1)お客さまの注文と当社がマーケットメイカーとして発注した注文を含みます。

※2)取引所の板に出ている指値注文について売買が成立した際に、その指値注文を出していた取引参加者を「Maker」と呼び、その相手方となる注文を発注した側を「Taker」と呼びます。

販売所と取引所(現物取引)のメリット、デメリット

GMOコインでは、様々な方法で暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができます。ここでは代表的な「販売所」と「取引所(現物取引)」それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

 
販売所
取引所(現物取引)
メリット

販売所

初めてでもわかりやすい画面

シンプルな取引画面で、初めてのお取引でも直感的にご利用いただけます。

販売所

売買価格が明確

売値と買値が明確に表示されているので、意図した価格でお取引をしやすいサービスになっています。

取引所(現物取引)

板で相場状況を確認できる

注文内容がすべて板情報として表示されるため、チャートでは読み取ることができない売買の需要を読み取りながらお取引いただけます。

取引所(現物取引)

手数料を抑えられる

「取引所(現物取引)」のスプレッドは「販売所」に比べ、割安となることがあります。
また、Makerの場合、手数料を受け取ることができるため、手数料を抑えながらお取引することが可能です。

デメリット

販売所

あらかじめ注文価格の指定ができない

当社から提示された価格で売買を行うため、指値/逆指値のようにあらかじめ注文価格を指定することができません。

取引所(現物取引)

売買が成立しない場合がある

自身の注文に対当する注文が板にない場合は、注文をしてもすぐに売買が成立しない場合があります。

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・相場が大きく変動した場合、注文価格と、実際の約定価格との間に差が生じる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産取引は、元本を保証するものではなく、価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
・物品の購入・売却や借受またはサービスの提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用できます。なお、暗号資産は代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産は本邦通貨又は外国通貨ではありません。また、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産の価格が変動することによって元本の損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。

ページTOPに戻る
かんたん口座開設