ステラルーメン(XLM)とは

Stellarとステラルーメン(XLM)の特徴

時価総額第10位の仮想通貨

ステラルーメン(XLM)とは、個人間の送金や国際送金における問題を解決することを目的として開発されたブロックチェーン「Stellar」上で使用されている、独自通貨です。Stellarは2014年7月に公開され、2019年11月現在、時価総額は第10位の仮想通貨です。公開と同時に1,000億XLM発行されましたが、2019年11月にはその約半数である550億XLMがバーン(使用不可能な状態にされること)されました。

明確な管理主体による開発と運営

ビットコイン(BTC)をはじめとする多くの仮想通貨では、非中央集権的な考え方がベースとなっており、明確な管理主体が存在しません。

しかし、Stellarは「Stellar Development Foundation(SDF)」と呼ばれる非営利団体によって開発・運営が行われています。SDFは、Stellarやステラルーメン(XLM)を活用し、人々がグローバルに金融サービスを利用できる仕組みを構築することを目的として活動しています。

Stellarとステラルーメン(XLM)の仕組み

アセットの発行

Stellar上ではアセットを発行することができ、発行されたアセットはStellarのネットワーク上でグローバルに移動することができます。Stellarはこの特徴により、「IBM World Wire」における国境をまたぐ国際決済(クロスボーダー決済)に利用されることが発表されています。

ビルトインのマーケット

Stellarのプラットフォーム上では、残高の他に、bids(売注文)とasks(買注文)を保存しておくことができます。それらの注文はStellarのネットワーク上で自動的に処理されるほか、「Stellarport」「StellarX」といった分散型取引所(Decentralized Exchange、DEX)で各種の注文操作をすることも可能です。

Stellarとステラルーメン(XLM)の今後

IBM World Wireへの採用

Stellarは、IBM社(世界170ヶ国以上で事業を展開するコンピュータ関連製品およびITサービス企業)による国際送金プロジェクト「IBM World Wire」において、国境をまたぐ国際決済(クロスボーダー決済)を実現する仕組みとして採用されています。IBMはStellarを使用することで、年中無休で「高速」「安全」「安価」な国際送金・決済が利用できる仕組み作りを目指しています。

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・仮想通貨FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な仮想通貨の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・仮想通貨取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《仮想通貨に関するリスクについて》
・仮想通貨は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・仮想通貨取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する仮想通貨を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・仮想通貨は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・仮想通貨の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。

ページTOPに戻る
かんたん口座開設