1. ホーム
  2. 当社における新規取り扱い暗号資産の審査について

当社における新規取り扱い暗号資産の審査について

  • 1. 目的

    この文書は、当社が新たに暗号資産の取り扱いを行う場合の審査体制と手続きを公開することで、当社の審査が適切に行われていることを示し、これをもって利用者保護に対する取り組みの一助とするものです。

  • 2. 取扱審査の体制

    この文書に使用する用語の定義は、次のとおりとします。

    発行状況
    暗号資産の発行に関わる状況(発行者や発行数量など)を示す情報をいう。
    取引状況
    暗号資産の流通に関わる状況(取引高や時価総額など)を示す情報をいう。
    利用状況
    暗号資産のユースケースに関わる状況を示す情報をいう。
    関係者
    プロジェクトに関わる者のうち、当社が主要なメンバーであると判断する者をいう。
    発行者
    暗号資産を発行する、企業や財団・プロジェクトチームやコミュニティ等の集団・個人をいう。
    プロジェクト
    暗号資産が使用されるブロックチェーンネットワークおよびそれを核としたエコシステムの形成に取り組む活動の総体をいう。
  • 3. 取扱審査の体制

    当社における取扱暗号資産の審査体制とその手続きは、以下のとおりです。

    1. 取扱審査体制の構成
      当社では、3段階で構成される適切な内部統制環境のもと、以下に示す分担で取扱審査に取り組んでいます。

      第1段階(マーケティング部門)
      第2段階(業務部門)
      第3段階(法務・システム部門)
    2. 取扱審査体制の独立性
      当社では、第1段階であるマーケティング部門が取扱銘柄の候補の選定を行い、第2段階である業務部門がその候補銘柄の取扱審査を行っています。そのため取扱審査の過程や結果に、マーケティング部門が直接関与することはありません。また第3段階である法務部門およびシステム部門が、リーガルリスクやシステムリスクの分析を行うことで、この取り組みに対する健全なガバナンスを保っています。
    3. 取扱リスクに対する検証体制
      当社では取扱リスクについて次のような3次にわたる検証を行っています。

      1次検証:業務部門による取扱審査
      2次検証:業務・法務・システム部門による一次検証結果の確認
      3次検証:システム部門によるシステムリスク評価
    4. 審査結果に基づき意思決定を行う手続き
      • 取扱審査体制による取り扱い審査手続きの概要
        当社では取扱審査に先立ち、マーケティング部門が、流動性や取引高、当社ユーザーのニーズ等を勘案の上、取扱銘柄の候補のリストを作成し、担当役員の承認を得ます。
        そのうえで、業務部門の担当者が候補となる銘柄に対する取扱審査と結果報告を行い、内容に問題がなければ業務部門でこれを承認します。
      • 特定された取扱リスクの扱いを決定する手続きの概要
        次に業務部門から、上記審査結果について、業務・法務・システム部門の代表者による確認のために開催される会議で報告が行われます。同会議では、取扱暗号資産のリスクの検証と特定を行い、必要に応じリスク管理策の設定や、追加審査の指示もしくは取扱見送りの決定を行います。
      • 取扱に対する最終意思決定
        最後に以上の結果を取締役会へ上程し、取扱暗号資産に対する当社としての最終的な意思決定を行います。
    5. 資料の保存
      • 取扱審査にかかる資料の保存ルール
        当社では、取扱審査の結果として取締役会に上程した資料について、業務部門がこれを管理し、原則として当社で当該銘柄の取り扱いが終了するまで保存します。
  • 4. 取扱審査の観点

    当社の取扱審査における各事項の観点は、概ね以下のとおりです。

    1. 取扱暗号資産に関する審査事項
      発行状況
      取引状況
      利用状況
      暗号資産の関係者
      暗号資産及び記録台帳の技術
      対象プロジェクト
      その他審査に必要な事項
    2. 社内体制に関する審査事項
      暗号資産の安全管理体制
      暗号資産の技術対応能力
      自社の取引処理能力
      需要見込み
      利用者との利益相反
      利用者への情報提供及び説明
      その他審査に必要な事項
    3. 取扱暗号資産のリスク検証に関する審査事項
      マーケットリスク
      暗号資産の発行者やプロジェクトの関係者等に関わるクレジットリスク
      流動性リスク
      ハッキングや改ざんが行われるリスク
      レピュテーションリスク
      コンプライアンスリスク
      AML/CFT リスク
      その他リスク

    2023年1月
    GMOコイン株式会社