1. ホーム
  2. 貸暗号資産プレミアム

貸暗号資産プレミアム

GMOコインが提供する2つの貸暗号資産サービス

貸暗号資産とは、お客さまが保有されている暗号資産を当社に貸し出すことで報酬を得ることができるサービスです。
当社では、少額から貸し出しが可能な「貸暗号資産ベーシック」と円転特約(デリバティブ取引)が付加された年率の高い「貸暗号資産プレミアム」の2つのサービスをご用意しております。

貸暗号資産プレミアムの特徴

  • 年率15%以上
  • 短期間での貸し出しが可能
  • 証拠金の預け入れが必要
  • 元本は暗号資産または日本円で受取

貸暗号資産ベーシックの特徴

  • 最大年率10%
  • 貸出コース(期間)の選択が可能
  • 少額から貸し出し可能
  • 対象となる暗号資産は22銘柄

貸暗号資産プレミアムとは

お客さまが保有されている暗号資産を当社に貸し出す「貸暗号資産取引」に、店頭デリバティブ取引である「円転特約」が付加されたサービスです。
円転特約とは、お客さまにお貸し出しいただいた暗号資産のレートが当社があらかじめ定める特約レートを上回っているかどうかで、元本のお受け取りが暗号資産もしくは日本円となる特約です。円転特約が付加されることで、お客さまは年率15%以上という高い特約権料をお貸し出しいただいた暗号資産と同じ銘柄でお受け取りいただけます。
なお本サービスのご利用には、お貸し出しいただく暗号資産に加え、必要証拠金として日本円の預け入れが必要となります。

本サービスでは、貸借料に代わり特約権料をお受け取りいただけます。

貸暗号資産プレミアムの3つの特徴

  • 年率が高い

    円転特約が付加されることで、お客さまは年率15%以上という高いリターンを期待できます。

  • 短期間での貸出も可能

    最短で1週間、最長でも2ヶ月と短期間で高い年率の特約権料を受け取ることができます。(貸出期間は募集の都度、当社が設定いたします)

  • 貸出は暗号資産、受取は
    日本円もしくは暗号資産

    貸し出した暗号資産は返還時に日本円で受け取る可能性がございます。
    特約権料は貸し出した暗号資産と同一銘柄でお受け取りいただけます。

こんな方にオススメ

高い年率で貸し出しをしたい方

円転特約が付加されることにより、年率15%以上という高いリターンを期待できます。

暗号資産の値下がりによる損失を軽減したい方

暗号資産が値下がった場合でも、高い年率の特約権料を受け取ることで損失を軽減することができます。

含み益が出ていて、売ってもよいと考えている暗号資産がある方

当社が円転特約を行使した場合、特約レートで利益を確定しつつ、高い年率の特約権料を受け取ることができます。

暗号資産価格が横ばいで推移すると予想しており、すぐに売る予定がない方

保有している暗号資産を貸し出すことで、高い年率の特約権料を受け取ることができます。

暗号資産が値上がりした際に、特約レートを超える値上がり益を得ることはできません。

取引の流れ

STEP.01

申込

ログイン後の会員ページ -【貸暗号資産】-【プレミアム】に表示される募集要項をご確認の上、専用フォームからお申し込みください。

STEP.02

貸出(取引開始日)

取引開始日にお申し込みいただいた暗号資産および必要証拠金の引き落としが行われます。
必要証拠金は貸出暗号資産数量×募集要項に定められた特約レート×50% に相当する日本円となります。

特約レートは募集ごとに異なり、取引開始日に確定いたします。必要証拠金が不足している場合には取引がキャンセルされますので、口座には余裕をもった日本円をご用意いただきますようお願い申し上げます。

STEP.03

判定(判定日)

募集要項に定められた判定日時点の暗号資産のレート(判定レート)が特約レートを上回っているかどうかで、貸し出しいただいた暗号資産のお受け取りが「暗号資産」または「日本円」のいずれかとなります。

ケース ❶

判定日に『判定レート>特約レート』だった場合

お貸し出しいただいた暗号資産を当社が特約レートで買い取るため、お客さまは日本円をお受け取りいただけます。
特約権料は貸出暗号資産と同一銘柄でお受け取りいただけます。
なお、この場合、暗号資産の返還は行われません。

ケース ❷

判定日に『判定レート≦特約レート』だった場合

お貸し出しいただいた暗号資産を返還いたしますので、お客さまは暗号資産をお受け取りいただけます。
特約権料は貸出暗号資産と同一銘柄でお受け取りいただけます。

STEP.04

受け渡し(取引決済日)

判定に基づき、当社があらかじめ設定した取引決済日(判定日の数営業日後)に暗号資産もしくは日本円、特約権料、必要証拠金をお客さま口座に反映いたします。

取引例

ビットコイン(BTC)を貸し出す場合

貸出数量:1 BTC

基準レート:300万円

貸出期間:30日

年率:15%

基準レートは取引開始日の12:00時点の「販売所」サービスの中値(小数点以下切り捨て)で算出されます

特約レートと必要証拠金

特約レート

300万円 × 110%(※) =

330万円

※ 特約レートは基準レートをもとに算出されます。特約レートのために必要な数値は募集により異なります。

必要証拠金

1 BTC × 330万円 × 50% =

165万円

※ 必要証拠金は特約レートをもとに算出されます。

特約権料

特約権料

1BTC×30日×15% / 365日=

0.01232876BTC

1BTC=300万円で計算した場合

36,986

特約権料として受け取れます。

貸出暗号資産の返還

判定レート=350万円
(判定レート>特約レート)の場合

1BTC×330万円=

330万円

日本円をお受け取り(※)

※ 貸出暗号資産は特約レートで日本円に交換されるため、特約レートを超える値上がり益を得ることはできません。

判定レート=300万円
(判定レート≦特約レート)の場合

1BTC

暗号資産をお受け取り

対象暗号資産

  • ビットコイン

    Bitcoin(BTC)

  • イーサリアム

    Ethereum(ETH)

  • リップル

    Ripple(XRP)

お貸し出しいただいた暗号資産の評価レート(毎日17:00時点の「販売所」サービスの中値)はこちらでご確認いただけます。

貸出ルール

  • BTC
  • ETH
  • XRP
対象者
レバレッジ取引をご利用いただける個人のお客さま
(法人のお客さまは本サービスをご利用いただけません)
貸出期間(※1)
1週間〜2ヶ月
特約権料率(※2)
15%〜
受付時間(※3)
24時間 365日(メンテナンス時を除く)
最小貸出数量
0.5 BTC / 回
最小貸出単位
0.1 BTC / 回
基準レート
取引開始日の12:00時点の「販売所」サービスの中値(小数点以下切り捨て)
特約レート(※4)
基準レートに当社が募集ごとに定めた数値を乗じたもの(小数点以下切り捨て)
判定レート
判定日の17:00時点の「販売所」サービスの中値(小数点以下切り捨て)
必要証拠金(※5)
貸出暗号資産数量×特約レート×50% に相当する日本円(小数点以下切り上げ)
特約の判定
・判定日に『判定レート>特約レート』の場合
日本円(※)および特約権料のお受け取り
※日本円は貸出暗号資産数量×特約レート(小数点以下切り捨て)

・判定日に『判定レート≦特約レート』の場合
暗号資産および特約権料のお受け取り
中途解約(※6)
原則不可
対象者
レバレッジ取引をご利用いただける個人のお客さま
(法人のお客さまは本サービスをご利用いただけません)
貸出期間(※1)
1週間〜2ヶ月
特約権料率(※2)
15%〜
受付時間(※3)
24時間 365日(メンテナンス時を除く)
最小貸出数量
5 ETH / 回
最小貸出単位
5 ETH / 回
基準レート
取引開始日の12:00時点の「販売所」サービスの中値(小数点以下切り捨て)
特約レート(※4)
基準レートに当社が募集ごとに定めた数値を乗じたもの(小数点以下切り捨て)
判定レート
判定日の17:00時点の「販売所」サービスの中値(小数点以下切り捨て)
必要証拠金(※5)
貸出暗号資産数量×特約レート×50% に相当する日本円(小数点以下切り上げ)
特約の判定
・判定日に『判定レート>特約レート』の場合
日本円(※)および特約権料のお受け取り
※日本円は貸出暗号資産数量×特約レート(小数点以下切り捨て)

・判定日に『判定レート≦特約レート』の場合
暗号資産および特約権料のお受け取り
中途解約(※6)
原則不可
対象者
レバレッジ取引をご利用いただける個人のお客さま
(法人のお客さまは本サービスをご利用いただけません)
貸出期間(※1)
1週間〜2ヶ月
特約権料率(※2)
15%〜
受付時間(※3)
24時間 365日(メンテナンス時を除く)
最小貸出数量
10,000 XRP / 回
最小貸出単位
10,000 XRP / 回
基準レート
取引開始日の12:00時点の「販売所」サービスの中値(小数点以下切り捨て)
特約レート(※4)
基準レートに当社が募集ごとに定めた数値を乗じたもの(小数点以下切り捨て)
判定レート
判定日の17:00時点の「販売所」サービスの中値(小数点以下切り捨て)
必要証拠金(※5)
貸出暗号資産数量×特約レート×50% に相当する日本円(小数点以下切り上げ)
特約の判定
・判定日に『判定レート>特約レート』の場合
日本円(※)および特約権料のお受け取り
※日本円は貸出暗号資産数量×特約レート(小数点以下切り捨て)

・判定日に『判定レート≦特約レート』の場合
暗号資産および特約権料のお受け取り
中途解約(※6)
原則不可
※1貸出期間

① 貸出期間

貸出期間(取引開始日、判定日、取引決済日)は募集の都度決定されます。
取引開始時点で貸出予定の暗号資産(仮想通貨)、必要証拠金が口座に不足している場合はキャンセルとなります。
詳しくはログイン後の会員ページに表示される募集要項をご確認ください。

② 再貸出

再貸出(取引の自動更新)は受け付けておりません。

※2特約権料

特約権料率は募集の都度異なります。
特約権料は募集要項に定められた貸出期間と特約権料率によって、1年を365日として日割りで計算します。小数点第8位未満は切り捨てます。(XRPのみ小数点第4位未満を切り捨てます。)
具体的な料率はログイン後の会員ページに表示される募集要項をご確認ください。
なお本サービスにおいてお客様が受け取るのは特約権料のみとなり、貸借料を受け取ることはありません。

※3受付時間

新規で募集を行う場合は、募集開始時に当社ウェブサイトにて告知し、ログイン後の会員ページに表示される申込フォームからお申し込みいただけます。
なお、募集状況、市場環境等によっては募集を停止させていただくことや、一部または全ての申込をキャンセルさせていただく場合がございます。

※4特約レート

特約レートは募集の都度異なります。
詳しくはログイン後の会員ページに表示される募集要項をご確認ください。
また、特約レートは判定日において、当社が円転特約の行使または放棄を決定するための基準となります。
当社が円転特約を行使する場合、当社は特約レートで貸出暗号資産を買い取り、お客さまは日本円(小数点以下切り捨て)をお受け取りいただけます。
なお、この場合、貸出暗号資産の返還は行われません。

※5必要証拠金

必要証拠金は取引開始日にお客さま口座から引き落とし、取引決済日に返還されます。必要証拠金の算定に必要な特約レートは、取引開始日まで確定しません。必要証拠金が不足している場合には取引がキャンセルされますので、口座には余裕をもった日本円をご用意いただきますようお願い申し上げます。

※6中途解約

中途解約は原則不可となります。当社がやむを得ないものと認め中途解約に応じる場合、特約権料は支払われません。また中途解約時には解約手数料が発生し、お客さまが貸し出した暗号資産から控除する方法で支払うものとします。
なお解約手数料がお客さまが貸し出した暗号資産の数量を超える場合には、超過分の数量に相当する金額を預託された証拠金から控除する方法で支払うものとします。

その他の注意事項

サービスのご利用にあたって

  • 「貸暗号資産プレミアム」は預金に類似する商品ではなく、また預金保険の対象にもなりません。
  • 貸出にあたり、貸出時よりも暗号資産(仮想通貨)の価格が下落することにより、損失を被るおそれがございます。
  • 判定日において当社が円転特約を行使した場合、お客さまは特約レートで暗号資産(仮想通貨)を売却することになります。判定日における対象暗号資産(仮想通貨)のレートが特約レートを上回っていてもお客さまは特約レートを超える価格上昇メリットを享受することはできません。
  • お客さまが貸し出した暗号資産(仮想通貨)は、原則として予め定められた貸出期間を経過するまでロックされます。したがって、貸出期間が満了するか、当社が返却する場合を除き、売却や送付を行うことができません。
  • 本契約は消費貸借契約であり、当社が破綻などした場合、お客さまが貸し出した暗号資産(仮想通貨)が返却されないリスクがあります。
  • 資金決済法上の暗号資産交換業に該当するものではないため、当社がお客さまより借り入れた暗号資産(仮想通貨)は分別管理の対象にはなりません。

貸暗号資産プレミアムに関するよくある質問

Q特約権料はどこで確認できますか?
A募集開始後にログイン後の会員ページ-【貸暗号資産】-【プレミアム】に表示される募集要項でご確認いただけます。
Q貸暗号資産プレミアムは中途解約できますか?
A中途解約は原則不可となります。当社がやむを得ないものと認め中途解約に応じる場合、特約権料は支払われません。また中途解約時には解約手数料が発生しますのでご注意ください。
Q貸暗号資産プレミアムの特約権料や円転特約が行使された際の暗号資産の売却益は課税対象になりますか?
A特約権料や暗号資産の売却益は雑所得として総合課税の対象となりますため、確定申告をする必要があります。
詳しくはお近くの税務署や税理士等の専門家にご相談ください。
Q申込が完了したのに取引ができない場合はありますか?
A取引開始日に貸出予定の暗号資産もしくは必要証拠金に必要な日本円の残高が不足していた場合は、お取引がキャンセルされます。また、募集状況によっては一部または全てのお申込について、キャンセルさせていただく場合がございます。