暗号資産(仮想通貨)を始めるその前に!メリットだけでなくデメリットも

最終更新日:2020/09/25

デジタル通貨はいつでもどこでもスマホやパソコンから取引が可能で、紙幣や小銭のように持ち歩く必要がなく、スマートで新しいお金のかたちとして大きく期待されていますが、その反面、まだまだ不便な点も多くあります。今回は暗号資産(仮想通貨)を使った取引をする上での注意点と、デメリット・メリットについて紹介します。

暗号資産(仮想通貨)とは?

まずは暗号資産(仮想通貨)について、簡単にご紹介します。
暗号資産(仮想通貨)は、電子的な方法により記録されている財産的価値のことで、円やドルなどの法定通貨とは異なり、国家による価値の保証がされていないという特徴があります。日本においては、2017年4月に施行された「資金決済に関する法律」(資金決済法)により、暗号資産(仮想通貨)の法的な定義が明確なものとなりました。

資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)の定義

資金決済法では、暗号資産(仮想通貨)の定義は以下の通りに定められています。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの(※)

(※)”資金決済に関する法律”.e-Gov.
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=421AC0000000059
(参照 2019-12-25)

暗号資産(仮想通貨)のデメリット

価格変動が大きく決済手段としては課題が多い

ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産(仮想通貨)は、インターネットを使ったスピーディで便利な決済手段として開発されました。現在でも決済手段として利用されているケースはあるものの、暗号資産(仮想通貨)取引を始めた人の多くが、株式やFXなどのように金融取引・投資を目的としており、ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産(仮想通貨)はボラティリティが大きくなることがあります。
決済手段として安定的に利用するには、価格変動が大きい暗号資産(仮想通貨)は課題が多い状況であると言えます。

国による価値の保証がない

法定通貨のように中央銀行の管理を受けていない暗号資産(仮想通貨)は、それぞれの国や地域の経済状況の影響を受けにくいというメリットがあります。その反面、システムの崩壊など暗号資産(仮想通貨)の価値を大きく損なう事態が生じても、それぞれの国や地域は価値を保証してくれません。また、ハッキング被害など外部環境の影響を受けると、価格が大きく変動する傾向にあります。

また、銀行や証券会社、保険会社などの金融機関は、破たんした場合でも利用者を守るための仕組みが国によって整備されている面があります。しかし暗号資産(仮想通貨)に関しては、これらの伝統的な金融機関やこれらの金融機関が取り扱う商品やサービスに比べると、利用者保護の仕組みが発展の途上にあり、取引所がハッキングなどを受けて破たんした場合でも補償が受けられないことがあります。

暗号資産(仮想通貨)のメリット

時間や場所に縛られない取引が可能

暗号資産(仮想通貨)は基本的に、24時間365日、いつでも取引可能です。
平日でも休日でも、時間帯を気にすることなく取引が可能なため、人それぞれの生活スタイルに合わせて取引をすることができます。

少額から取引を始められる

一般的に、株式やFXと比べると、暗号資産(仮想通貨)の取引は少額から始めることができます。

例えば、GMOコインの販売所では、ビットコイン(BTC)を購入する際の最小注文数量は0.0001BTCです。
例えば1BTC=80万円だった場合、最小注文数量である0.0001BTCのビットコインを購入しようとすると、
80万円 × 0.0001 = 80円
が購入金額になります。

投資を初めて経験するときに最初から大きな金額で取引をするのは不安、という方でも、暗号資産(仮想通貨)であれば、このように小さな金額から取引を開始することができます。

まとめ

今回は暗号資産(仮想通貨)のデメリットとメリットについて紹介しました。ブロックチェーンという技術を利用した暗号資産(仮想通貨)は将来性が期待されていますが、まだ成熟していないため課題も多々あります。暗号資産(仮想通貨)を決済手段として使う場合でも、投資対象として積極的にトレードする場合でも、リスクや問題点についてはしっかりと把握しておくことが大切です。

コラム一覧へ戻る

ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。