【初心者向け】ビットコインキャッシュ(BCH)取引の始め方

最終更新日:2020/06/22

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)がハードフォークしたことによって誕生した暗号資産(仮想通貨)です。そんなビットコインキャッシュ(BCH)が誕生した背景とGMOコインを利用した購入方法、購入時によくある質問についてご紹介いたします。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(BCH)は2020年5月20日現在、時価総額第5位の暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月に、ビットコイン(BTC)がハードフォークしたことによって誕生しました。

ハードフォークの背景として、ビットコイン(BTC)の抱える「スケーラビリティ問題」があります。スケーラビリティ問題とは、ビットコイン(BTC)のブロックサイズの上限が理由となり、ビットコイン(BTC)の送付手数料の高騰や、取引の遅延などが発生する問題のことです。この問題を解決すべく、以下の2つの方法が提起されました。
ブロックサイズを変えずにより多くの取引データを処理できるようにする方法
ブロックサイズ自体を大きくしてより多くの取引データを処理できるようにする方法
これら2つの方法のうち、ブロックチェーンの後方互換生のない分岐を伴う、ブロックサイズ自体を大きくする方法が選択され、その結果ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

【初心者向け】ビットコインキャッシュ(BCH)の取引を始めるための準備

ビットコインキャッシュ(BCH)などの暗号資産(仮想通貨)の取引を始める際は、まず暗号資産(仮想通貨)取引所にて以下の手続きを行いましょう。
暗号資産(仮想通貨)取引のための口座を開設する
開設した口座に日本円を入金する
ここではGMOコインのサービスを使った取引手順をご紹介します。

GMOコインで口座を開設する

まずはメールアドレスの登録を行います。GMOコインの口座開設ページ(https://coin.z.com/jp/member/signup)にアクセスします。

お客さまのメールアドレスを入力、「私はロボットではありません」のチェックボックスを選択し、[無料口座開設]をタップします。

「認証メールを送信しました。」という画面に切り替わったら、登録したメールアドレスにGMOコインからのメールが届いているか確認してください。

「【GMOコイン】登録メールアドレスのご確認」というメールを受信したら、そのメール内にあるパスワード設定用URLをタップします。

遷移先のページでパスワードの登録を行います。パスワードの入力が完了したら、確認のために同じパスワードを入力し、[設定する]をタップします。

これでパスワードの登録は完了です。

次に[ログイン画面へ]をタップしてください。

遷移先の画面で先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をタップします。

電話番号による認証を行うページが表示されますので、お客さまがお使いの携帯電話の番号、または固定電話の番号をハイフンなしで入力します。入力後、[コードを送信]をタップしてください。

遷移後のページで表示されている電話番号が、お客さまの番号で間違いないことを確認したら、もう一度[コードを送信]をタップします。

少し経つと、自動音声通話かSMS(ショートメッセージサービス)が、入力いただいた番号宛に届きます。そこで案内されている6桁の数字(これを「2段階認証コード」と呼びます)を、2段階認証コードの画面にて入力し、[認証する]をタップしてください。これで、2段階認証の設定が完了です。

2段階認証の登録が完了したら、画面の下にある、[開設申込へ進む]をタップしてください。

「お客さま情報の登録」という画面に切り替わるので、表示されている例を参考に、お客さまの情報を入力します。

入力が終わったら、「規約への同意」欄にある各規約をご確認ください。

規約の確認が終わったら、[上記規約に同意します]にチェックを入れ[確認画面へ]をタップしてください。

お客さまが入力した情報に間違いがないか確認し、問題なければ[確定]をタップしてください。

次に本人確認書類の提出を行います。
【本人確認の手続き】画面に表示されている、以下2つの本人確認方法から任意の方法を選択してください。なお、外国籍のお客さまは、[本人確認書類の画像をアップロード]のみご指定いただけます。
[本人確認書類の画像をアップロード](本人確認書類を写真データから登録する方法)
[受取時に本人確認をする](配送業者がお客様のご自宅にお伺いした際に、本人確認書類をご提示いただく方法)
○本人確認書類の画像をアップロード
[本人確認書類の画像をアップロード]を選んだ場合は、使用する本人確認書類の種類を選択します。スマートフォン等で、本人確認書類の表面と裏面の写真データを画面の指示に従ってアップロードし、[画像を確定する]をタップします。その後、GMOコインから「口座開設のお知らせ」が発送されますので、お受け取りください。

○受取時に本人確認をする
[受取時に本人確認をする]を選んだ場合は、このページで本人確認書類を提出する必要はありません。GMOコインから発送される「口座開設のお知らせ」をお受取いただく際に、配達業者に本人確認書類をご提示ください。

後日、GMOコインから発送される「口座開設のお知らせ」に記載されている「口座開設コード」を入力します。口座開設コードの入力は「会員サイト」または「GMOコイン 暗号資産ウォレット」から入力いただけます。

会員サイトから手続きを行う場合は、会員サイトにログイン後、【会員ホーム】の口座開設手続き画面にて入力してください。口座開設コードの入力が終わったら、その下の[口座開設]をタップして口座開設完了です。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」から手続きを行う場合、まずはアプリにログインします。

ログイン後、口座開設コード入力画面が表示されますので、「口座開設コード」を入力してください。

入力完了後、「アプリで認証する」画面が表示されますので、2段階認証コードを入力します。

「口座開設が完了しました」という文言が表示されたら口座開設完了です。

【初心者向け】GMOコインの口座に日本円を入金する

口座開設が完了したら、次に日本円の入金を行います。日本円の入金方法ですが、GMOコインでは「即時入金」と「振込入金」2つのサービスを提供しています。

それぞれのサービス内容と、入金手順をみていきましょう。

即時入金

「即時入金」は、GMOコインが提携しているインターネットバンキングの口座からお客さまの口座へすぐに入金ができるサービスで、リアルタイムで余力に反映されます。取引手数料は無料でご利用いただけます。

会員ページにログイン後、【会員ホーム】のメニューバーの【入出金】欄にある【日本円】を選択します。

「日本円 入出金」という画面に遷移しますので、画面上段のタブから【即時入金】を選択してください。

画面が切り替わるので、表示された指示に従って入金手続きを進めます。

作業が完了して、【会員ホーム】の「口座情報」欄にある総資産の項目に、入金した日本円の金額が反映されていることが確認できたら完了です。

振込入金

「振込入金」は各種金融機関の口座から振込をすることで、GMOコインのお客さま口座へ入金ができるサービスです。

振込先の口座は「GMOあおぞらネット銀行」と「楽天銀行」の2行から、任意の口座をご指定いただけます。なお、振込入金で発生する振込手数料はお客さま負担となりますので、ご注意ください。

会員ページにログイン後、【会員ホーム】のメニューバーの【入出金】欄にある【日本円】を選択します。

「日本円 入出金」という画面に遷移しますので、画面上段のタブから【振込入金】を選択してください。

「GMOコインあおぞらネット銀行」と「楽天銀行」の振込先情報がそれぞれ表示されますので、ご利用される金融機関の情報を控え、ご入金をお願いいたします。

その後は即時入金同様、【会員ホーム】の「口座情報」欄にある総資産の項目を確認してください。入金した日本円の金額が反映されていることが確認できたら完了です。

【初心者向け】ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法

日本円を口座に入金することで、暗号資産(仮想通貨)を購入するための準備が整いました。ここからはビットコインキャッシュ(BCH)を購入する際の手順をご紹介します。

GMOコインではビットコインキャッシュ(BCH)などの暗号資産(仮想通貨)を購入できるサービスとして、「販売所」と「取引所(現物取引)」の2つを提供しています。またこの2つのサービスは、スマートフォンアプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」から利用することができます。

『GMOコイン 暗号資産ウォレット』とは

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」は、GMOコインが提供しているスマートフォン専用アプリです。

ダウンロードしていただくことにより、暗号資産(仮想通貨)の取引(購入・売却・レバレッジ取引)や日本円の入出金、暗号資産(仮想通貨)の送付・預入などのサービスが利用できます。

また、このアプリにはプッシュ通知機能が搭載されており、暗号資産(仮想通貨)の価格を、「1時」「5時」「9時」「13時」「17時」「21時」にお知らせいたします。なお、睡眠中の通知が不要な方は、夜間の通知設定を変更することで、「1時」「5時」の通知をOFFにすることも可能です。

今回はこの「GMOコイン 暗号資産ウォレット」を使った「販売所」と「取引所(現物取引)」におけるビットコインキャッシュ(BCH)の購入手順をご案内します。

販売所

まずは「販売所」サービスを利用したビットコインキャッシュ(BCH)の購入手順をご紹介していきます。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」アプリを立ち上げます。

ログイン情報を入力し、二段階認証のコードを入力してください。

利用するサービスを選択します。画面下部のタブが「レート」になっていることを確認し、画面上部にあるサービス名から、今回利用する「販売所」を選択します。

銘柄を選択します。今回はビットコインキャッシュ(BCH)を購入するので「BCH」を選択してください。

「販売所」の取引画面に遷移します。(画面下部のタブの「トレード」画面)

「販売所」を使ったビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法として、金額を指定する方法と、数量を指定(BCH)する方法の2種類があります。

金額を指定する場合は、購入したい日本円の金額を入力し、[購入]ボタンをタップします。

数量を指定する場合は、購入を希望するビットコインキャッシュ(BCH)の数量を入力し、[購入]ボタンをタップしてください。

[購入]ボタンをタップしたら「注文確認画面」が表示されます。

注文内容に問題がなければ、[注文確定]ボタンをタップしてください。これで、「販売所」での購入は完了です。

取引所(現物取引)

次に「取引所(現物取引)」サービスを利用したビットコインキャッシュ(BCH)の購入手順をご紹介します。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」アプリを立ち上げます。

ログイン情報を入力し、二段階認証のコードを入力してください。

利用するサービスを選択します。画面下部のタブが「レート」になっていることを確認し、画面上部にあるサービス名から「取引所(現物)」を選択します。

銘柄を選択します。今回はビットコインキャッシュ(BCH)を購入するので、「BCH」を選択します。

「取引所現物」の取引画面に遷移しますので(画面下部のタブの「トレード」画面)、画面右上にある[注文]をタップします。

注文画面に遷移します。取引所(現物取引)には「成行」と「指値/逆指値」の2種類の注文方法があります。

「成行」の場合は、売買区分を「買」に設定し、取引数量に購入を希望するビットコインキャッシュ(BCH)の数量を入力してください。その後、[確認画面へ]ボタンをタップします。

「指値/逆指値」の場合は、売買区分を「買」、取引数量に購入を希望するビットコインキャッシュ(BCH)の数量、注文タイプを「指値」、注文レート(円)に購入を希望するビットコインキャッシュ(BCH)の価格をそれぞれ入力します。

入力が完了したら、[確認画面へ]ボタンをタップしてください。

その後、「注文確認」の画面が表示されます。

注文内容に問題がなければ、[注文確定]ボタンをタップしてください。これで「取引所(現物取引)」での購入は完了です。

【初心者向け】よくある質問

初めて暗号資産(仮想通貨)の取引を行うにあたり、不安や疑問は事前に解消しておきたいものです。

ここでは、ビットコインキャッシュ(BCH)などの暗号資産(仮想通貨)を取引を取引するにあたって、よくある質問をご紹介します。

取引時に発生する手数料は?

GMOコインでご利用いただける「販売所」と「取引所(現物取引)」では、手数料がそれぞれ異なります。

販売所

取引手数料は無料ですが、買値と売値の価格差(スプレッド)が実質的な手数料として発生します。

取引所(現物取引)

MakerとTakerで異なります。
Maker手数料:-0.01%
Taker手数料:0.05%
※Maker、Takerとは:取引所の板に出ている指値注文について売買が成立した際に、その指値注文を出していた取引参加者を「Maker」、その相手方となる注文を出していた取引参加者を「Taker」と呼びます。

ビットコインキャッシュ(BCH)はいくらから買える?

ビットコインキャッシュ(BCH)などの暗号資産(仮想通貨)は、各暗号資産(仮想通貨)取引所によって最低購入数量が異なります。

GMOコインでビットコインキャッシュ(BCH)を購入する場合の最低購入金額は以下の通りです。
価格:1BCH=約2万5千円
最小注文数量:0.01BCH/回
最小購入金額:約250円
※ビットコインキャッシュ(BCH)の価格は、2020年5月20日におけるGMOコイン販売所BID価格を参考にしています。

「現物取引」と「デリバティブ取引」の違い

「現物取引」とは、日本円を暗号資産(仮想通貨)に交換していただく取引のことです。GMOコインが提供しているサービスのうち、「販売所」と「取引所(現物取引)」の2つが「現物取引」に該当します。

一方「デリバティブ取引」とは、日本円を実際に暗号資産(仮想通貨)に交換するわけではなく、日本円を証拠金として売買レートの差額のみを受け渡しする差金決済取引のことです。GMOコインが提供しているサービスのうち、「取引所(レバレッジ取引)」と「暗号資産FX」の2つが「デリバティブ取引」に該当します。

まとめ

ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生した背景とGMOコインを利用した購入方法、購入時によくある質問についてご紹介しました。

初めて暗号資産(仮想通貨)の取引を行う方にとって、取引開始までの準備がややむずかしく感じることがあると思います。取引までの準備は本記事を読みながら、手順に沿って進めましょう。

なお、GMOコインでは初心者の方に向けた用語集やFAQ、コラム記事なども提供していますので、取引を行う上で不明な点がありましたら、そちらもご参考にしてみてください。
用語集:https://coin.z.com/jp/glossary/
コラム:https://coin.z.com/jp/column/
FAQ:https://support.coin.z.com/hc/ja
また、ビットコインキャッシュ(BCH)などの暗号資産(仮想通貨)の取引にはリスクが伴います。その性質をしっかりと理解した上で、投資の判断はご自身で行いましょう。

コラム一覧へ戻る

ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。