ネム(XEM)とは

ネム(XEM)の特徴

ネム(XEM)とは

2015年3月に公開されたネム(XEM)は、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などと比べると、比較的新しい暗号資産(仮想通貨)です。ネム(XEM)は「New Economy Movement」の略称で、ブロックチェーンを活用して、新しい経済の仕組みを確立することを目標としています。また、2017年3月にシンガポールでNEM財団が発足し、ネム(XEM)のブロックチェーン技術使用の促進を目的に活動しています。

処理速度

ビットコイン(BTC)は約10分で1ブロックが生成されるのに対し、ネム(XEM)は約1分で1つのブロックが生成されます。そのためビットコイン(BTC)と比較すると、処理速度は非常に早いと言えます。

※ネム(XEM)およびビットコイン(BTC)の処理速度は、ネットワークの状況などにより例外もあります。

発行枚数

ネム(XEM)の総発行数量は8,999,999,999 XEMです。すでに上限数量発行されており、今後発行されることはありません。

独自トークンの発行

NEMネットワーク上に「ネームスペース」という空間をレンタルすることで、簡単に独自のトークンを発行することができます。ネームスペースで発行するオリジナルトークンのことを「モザイク」と言います。モザイク発行に必要なネームスペースは「NEM wallet」というネム(XEM)の公式ウォレットアプリを利用することで、レンタル可能となります。

ネム(XEM)の仕組み

取引承認の仕組み(PoI)

ネム(XEM)が採用しているPoI(Proof of Importance)は「アカウントの重要度」によって報酬が分配される仕組みです。アカウントの重要度は「PoIスコア」で管理されており、このPoIスコアはネム(XEM)の保有量、保有期間、取引量などを元に算出されています。PoIスコアが高いほど重要度が高いとみなされ、報酬を受け取りやすく設計されています。

承認作業(ハーベスティング)

ビットコイン(BTC)の取引を承認する作業を「マイニング」と呼びますが、ネム(XEM)の取引を承認する作業のことを「ハーベスティング」と呼びます。マイニングに比べて安価で始めることができるハーベスティングは、一定期間1万XEM以上を保有することで、参加資格が与えられます。約1分に1回ハーベスティングが行われ、アカウントの重要度に応じて報酬が支払われます。またハーベスティングには次の2つの種類があります。

ローカルハーベスティング

自宅のパソコンからハーベスティングに参加する方法です。ハーベスティングの参加条件を満たし、オンラインの状態であれば参加可能です。

デリゲートハーベスティング

手数料を支払うことで、「スーパーノード」という第三者にハーべスティングを委託する方法です。スーパーノードとは、NEMネットワークにおいて、重要度が極めて高い参加者のことで、「ネム(XEM)のフルノードを保有」「300万XEM以上保有」「処理性能が一定水準を超えている」など厳しい条件を満たしたノードのことです。デリゲートハーベスティングは委託するため、オフラインでもハーベスティングに参加が可能となります。

ネム(XEM)の今後

カタパルトの実装

「カタパルト」とはネム(XEM)の次世代型コアエンジンの名称です。カタパルトでは、新機能の追加や機能強化が施されます。例えば、ネームスペースと紐づく形でのみ発行が可能であるモザイクは、ネームスペースとは独立し、単独での発行が可能となります。

カタパルトを実装することで、今まで以上に使い勝手が良く、セキュリティも向上したブロックチェーンにアップデートされる予定です。

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・相場が大きく変動した場合、注文価格と、実際の約定価格との間に差が生じる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産取引は、元本を保証するものではなく、価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
・物品の購入・売却や借受またはサービスの提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用できます。なお、暗号資産は代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産は本邦通貨又は外国通貨ではありません。また、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産の価格が変動することによって元本の損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。

いますぐ口座開設
(ビットコイン購入まで最短10分)