ビットコイン(BTC)のスプレッドとは?

最終更新日:2020/12/28

ビットコイン(BTC)の取引を行う際に知っておきたい用語のひとつが「スプレッド」です。
スプレッドはFX取引などでも使用される金融用語ですが、実際にどのような意味をもつ言葉なのか、詳しく知らない方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)のスプレッドについて、以下の項目に沿ってご紹介します。
スプレッドの概要
暗号資産(仮想通貨)取引所ごとのスプレッド
スプレッドのコストを抑えるためのポイント

スプレッドとは?

スプレッドとは英語で「Spread」と表記し、「開き」「幅」などの意味を持ちます。

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)取引におけるスプレッドとは、購入価格と売却価格の差額を表す言葉で、例えばGMOコインの「販売所」におけるビットコイン(BTC)の価格が、
購入価格:100万円
売却価格:99.5万円
だった場合、スプレッドは、
100万円(購入価格) - 99.5万円(売却価格) = 5千円(スプレッド)
となります。

なおスプレッドは、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を取引する際に発生する手数料のひとつとされています。スプレッドは取引手数料と別で発生する場合がありますので、注意が必要です。

スプレッドは各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに異なる?

スプレッドについて調べていると、「それぞれの暗号資産(仮想通貨)取引所が提示しているスプレッドは同じなのか?」と、気になる方もいらっしゃるでしょう。

通常、スプレッドは各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに異なります。例えば、取引所Aと取引所Bにおいて、全く同じタイミングでビットコイン(BTC)を購入しようとすると、以下の例のようにスプレッドが異なる場合があります。

例)
○取引所A
購入価格:100万円
売却価格:99万円
スプレッド:1万円

○取引所B
購入価格:100万円
売却価格:99.5万円
スプレッド:5千円

また同じ暗号資産(仮想通貨)取引所でも、利用するサービスや取引を行うタイミングによって、スプレッドが異なる場合があります。

スプレッドは狭い方が利益を出しやすく、取引するユーザーにとって有利になりますので、少しでもスプレッドが狭い状態で取引を行いたい方は、各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとのスプレッドを比較して、利用する取引所を選択すると良いでしょう。

スプレッドのコストを抑えるためのポイントは?

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の取引をするにあたって、できるだけスプレッドのコストは抑えたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

ここからはスプレッドのコストを抑えるためのポイントを2つご紹介します。

各暗号資産(仮想通貨)取引所のスプレッドを比較する

ひとつ目のポイントは、各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとのスプレッドを比較することです。

すでにご紹介した通り、各暗号資産(仮想通貨)取引所が提示するスプレッドは異なります。
そのため、スプレッドのコストを抑えたい方は、各暗号資産(仮想通貨)取引所が提示するスプレッドを事前に確認し、条件が良い取引所の利用をおすすめします。

価格が急変した時のスプレッド拡大に気をつける

ふたつ目のポイントは、価格が急変したときはスプレッドに気をつけて取引を行うことです。

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の価格は、時折短期間で大きく変動します。
スプレッドは価格が急変した時に大きく広がる傾向がありますので、価格が急変した際は、「スプレッドのコスト」と「価格の変動によって得られる利益のバランス」を考えて取引を行うと良いでしょう。

まとめ

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)のスプレッドについて、「概要」「暗号資産(仮想通貨)取引所ごとのスプレッド」「スプレッドのコストを抑えるためのポイント」の観点からご紹介しました。
スプレッドは取引を行う際に実質的な手数料として発生しますので、少しでも抑えたい方は、各暗号資産(仮想通貨)取引所が提示するスプレッドを事前に比較した上で、条件が良い取引所を利用すると良いでしょう。

コラム一覧へ戻る

ビットコイン(BTC)のスプレッドに関するよくある質問

Qビットコイン(BTC)のスプレッドとは何ですか?
Aビットコイン(BTC)のスプレッドとは、購入価格と売却価格の差額を表す言葉です。
詳しくはこちらをご参照ください。
Qビットコイン(BTC)のスプレッドは各取引所ごとに異なりますか?
Aビットコイン(BTC)のスプレッドは各取引所ごとに異なります。
詳しくはこちらをご参照ください。
Qビットコイン(BTC)のスプレッドは、同じ取引所でも異なる場合がありますか?
Aビットコイン(BTC)のスプレッドは、利用するサービスや取引を行うタイミングによって異なる場合があります。
詳しくはこちらをご参照ください。
Qビットコイン(BTC)のスプレッドを抑えるためには、どのような方法がありますか?
Aビットコイン(BTC)のスプレッドを抑える方法として、例えば、
・各取引所のスプレッドを比較する
・価格が急変した際のスプレッドに気をつける
などがあります。
詳しくはこちらをご参照ください。
   
ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。