ビットコイン(BTC)のアービトラージとは?やり方と流れをご紹介

最終更新日:2020/10/15

暗号資産(仮想通貨)を取引する際に用いられる手法のひとつに「アービトラージ」があります。アービトラージは「アビトラ」などとも呼ばれ、その言葉自体は知ってはいるものの、どのような手法なのか、詳しく知らない方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)におけるアービトラージについて、以下4つの項目に沿ってご紹介します。
アービトラージの概要
アービトラージのメリット・デメリット
アービトラージの手順
アービトラージを行う際のポイント

ビットコイン(BTC)のアービトラージとは

アービトラージとは日本語では「裁定取引」と言い、金利差や価格差を利用して商品を売買し、利鞘を稼ぐ手法です。

また、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)におけるアービトラージとは、各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに発生する、取引価格の差を利用して利益を得る手法とされています。

アービトラージとは具体的にどのような取引か、ビットコイン(BTC)を例にあげてみていきましょう。

取引所Aと取引所Bにおけるビットコイン(BTC)の取引価格を以下と仮定します。
取引所A:
 購入:100万円
 売却:99万円

取引所B:
 購入:102万円
 売却:101万円


この時、
取引所Aで1BTCを購入(100万円)
取引所Aで購入した1BTCを取引所Bに送付
取引所Bで1BTCを売却(101万円)
という取引を行った場合、1万円の利益を得ることができます。

この例の通り、アービトラージとは各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとの価格を比較し、安く購入して高く売却することで利益を得るという手法です。

アービトラージのメリット

ビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)でアービトラージを行う場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

通常の暗号資産(仮想通貨)取引では、購入したビットコイン(BTC)の価格が上昇するなど、価格変動を利用して利益を得ることができます。

一方アービトラージは、暗号資産(仮想通貨)取引所ごとの価格差を利用した取引であるため、必ずしも大きな価格変動を待つ必要はありません。

価格変動が小さい相場でも利益を得る機会があることは、アービトラージのメリットのひとつだと言えるでしょう。

アービトラージの注意点

では、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)でアービトラージを行う際に、どのような注意点があるのでしょうか?

アービトラージでは、購入したビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を別の取引所へ送付しますが、送付の最中に相場が急変し、価格が大幅に下落する可能性があります。

ビットコイン(BTC)を購入した時点で取引所間の価格差が大きい場合でも、相場の変動により損失を抱えるケースがありますので、アービトラージを行う際は十分注意しましょう。

ビットコイン(BTC)のアービトラージの手順

ここからはアービトラージの手順をご紹介します。アービトラージで必要な手順は大きく分けて、以下の6つです。
口座開設
日本円の入金
取引価格の確認
購入
送付
売却
それぞれの手順についてみていきましょう。

手順(1):口座開設

まずは暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設します。

すでにご紹介した通り、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)におけるアービトラージは、各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとの取引価格の差を利用して利益をあげる方法なので、取引口座は複数開設する必要があります。

GMOコインの口座開設手順は、以下をご参照ください。
口座開設のご案内(最短当日にお取引開始):https://coin.z.com/jp/corp/guide/flow/

手順(2):日本円の入金

口座開設が完了しましたら、日本円を入金します。
日本円の入金方法や入金手数料は、各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに異なりますので、それぞれご確認ください。

なお、GMOコインで日本円を入金する方法は、
リアルタイムで口座に反映される「即時入金」
銀行窓口やATM等から行う「振込入金」
の2つあります。
GMOコインの入金方法について、詳しくは以下をご参照ください。
入出金(日本円・暗号資産):https://coin.z.com/jp/corp/guide/deposit-withdrawal/

手順(3):取引価格の確認

日本円の入金が完了しましたら、各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとの取引価格を確認します。

口座を開設した各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとの価格差チェックし、
暗号資産(仮想通貨)を購入する取引所
暗号資産(仮想通貨)を売却する取引所
を選定します。

手順(4):購入

取引価格の確認が完了しましたら、実際に暗号資産(仮想通貨)を購入します。

各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに取引画面の操作方法が異なりますので、購入時に迷わないよう事前に確認しておくと良いでしょう。

なお、GMOコインでは暗号資産(仮想通貨)を購入できるサービスとして、「販売所」と「取引所(現物取引)」の2種類を提供しています。

それぞれのサービスを利用した購入手順は以下の記事で解説していますので、ご参照ください

【初心者向け】暗号資産(仮想通貨)の買い方を解説!:https://coin.z.com/jp/column/buy-crypto-currency/

手順(5):送付

暗号資産(仮想通貨)の購入が完了しましたら、売却に利用する暗号資産(仮想通貨)取引所へ、購入した暗号資産(仮想通貨)を送付します。

暗号資産(仮想通貨)を送付する際は、送付先のアドレスが必要となります。スムーズに送付できるよう、アドレスがどこに記載されているのか事前に確認しておくと良いでしょう。

また、アドレスを間違えて送付した場合、その暗号資産(仮想通貨)は戻ってこないケースがあります。送付先のアドレスは、間違えのないように注意して入力しましょう。

GMOコインから暗号資産(仮想通貨)を送付する方法については、以下をご参照ください。

暗号資産の送付方法を教えて下さい:https://support.coin.z.com/hc/ja/articles/115010364528-%E6%9A%97%E5%8F%B7%E8%B3%87%E7%94%A3%E3%81%AE%E9%80%81%E4%BB%98%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E4%B8%8B%E3%81%95%E3%81%84

手順(6):売却

送付が完了しましたら、購入した暗号資産(仮想通貨)を売却します。

購入同様、各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに取引画面の操作方法が異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

また、購入時点に確認した売却価格と、実際に売却する際の売却価格は、大きく乖離している場合がありますので、注意が必要です。

GMOコインの「販売所」と「取引所(現物取引)」を利用した売却手順は、以下の記事で解説しています。ご参照ください。

暗号資産(仮想通貨)の売り方は?売却の手順をご紹介:https://coin.z.com/jp/column/sell-crypto-currency/

アービトラージを行う際に知っておきたいこと

ここでは、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)のアービトラージを行う際に知っておいたほうが良いことを3つご紹介します。

各暗号資産(仮想通貨)取引所に入金しておく

暗号資産(仮想通貨)のアービトラージでは、複数の暗号資産(仮想通貨)取引所の価格を比較して取引を行います。

有利な条件になった際にスムーズに取引できるよう、アービトラージで使用する口座には、あらかじめ日本円を入金しておくと良いでしょう。

各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに手数料体系が異なる

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)のアービトラージを行う場合、以下の手数料が発生します。
入金手数料
取引手数料
送付手数料
預入手数料
出金手数料
これらの手数料体系は各暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに異なりますので、事前に調査しておくと良いでしょう。

なお、GMOコインの手数料体系は以下の通りです。
入金手数料:
 - 即時入金:無料
 - 振込手数料:無料(入金手数料はお客さま負担)

取引手数料:
 - 販売所:無料(スプレッドが実質的な手数料として発生します)
 - 取引所:Maker:-0.01%
       Taker:0.05%

送付手数料:無料
預入手数料:無料(マイナーまたは送付時に支払う手数料はお客さま負担)
出金手数料:無料

アービトラージ向けのサービスを利用する

暗号資産(仮想通貨)に関連するウェブサイトやアプリの中には、複数の暗号資産(仮想通貨)取引所の価格情報を一覧で表示してくれるサービスが存在します。

アービトラージを行う際はこれらのサービスを利用し、効率的に価格情報を取得すると良いでしょう。

まとめ

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)のアービトラージについて、「概要」、「メリット・デメリット」、「手順」、「取引時のポイント」の内容に沿ってご紹介しました。

これからアービトラージに挑戦してみたい方は、まずはGMOコインで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ戻る

ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。