ライトコイン(LTC)の買い方は?GMOコインのサービスを使った購入手順を紹介!

最終更新日:2020/09/16

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)を補完することを目的として開発された暗号資産(仮想通貨)です。そんなライトコイン(LTC)の購入を検討している方に向けて、この記事ではライトコイン(LTC)とはどのような特徴をもつ暗号資産(仮想通貨)なのか、GMOコインのサービスを使ったライトコイン(LTC)の購入方法についてご紹介します。

ライトコイン(LTC)とは

まずはライトコイン(LTC)とはどのような特徴をもつ暗号資産(仮想通貨)なのか、簡単におさらいしましょう。

ライトコイン(LTC)は元GoogleのエンジニアであるCharlie Leeによって発案され、2011年10月に誕生しました。2020年1月21日現在、ライトコイン(LTC)は時価総額第7位の暗号資産(仮想通貨)です。

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)の欠点を補うために開発されていることもあり、以下のようにビットコイン(BTC)と比較されることが多いです。
上限発行枚数:
ライトコイン(LTC)の上限発行枚数は、ビットコイン(BTC)の4倍にあたる8,400万枚です。

処理速度:
ビットコイン(BTC)は約10分に1回ごとにブロックが生成されますが、ライトコイン(LTC)は約2.5分に1回ごとにブロックが生成されます。それにより、ビットコイン(BTC)よりも多くのトランザクション(取引データ)を処理することが可能です。

暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を開設する

ライトコイン(LTC)の購入にあたり、まずは暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を開設する必要があります。ここでは例としてGMOコインでの口座開設手順をご紹介します。

GMOコインで口座を開設する際は、大きく分けて以下2つの手続きが必要となります。
本人情報の登録
本人確認書類の提出
それぞれの手順をみていきましょう。

本人情報の登録

まずは本人情報の登録を行います。GMOコインの口座開設ページ(https://coin.z.com/jp/member/signup)にアクセスします。

お客さまのメールアドレスを入力、「私はロボットではありません」にチェックを入れ[無料口座開設]をクリックしてください。

「認証メールを送信しました。」という画面に切り替わったら、登録したメールアドレスにGMOコインからのメールが届いているか確認してください。

「【GMOコイン】登録メールアドレスのご確認」というメールを受信したら、そのメール内にあるパスワード設定用URLをクリックします。

遷移先のページでパスワードの登録を行います。

パスワードの入力が完了したら、確認のために同じパスワードを入力し、[設定する]をクリックします。

これでパスワードの登録は完了です。

次に[ログイン画面へ]をクリックしてください。

遷移先の画面で先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

電話番号による認証を行うページが表示されますので、お客さまがお使いの携帯電話の番号、または固定電話の番号をハイフンなしで入力します。入力後、[コードを送信]をクリックしてください。

遷移後のページで表示されている電話番号が、お客さまの番号で間違いないことを確認したら、もう一度[コードを送信]をクリックします。

少し経つと、自動音声通話かSMS(ショートメッセージサービス)が、入力いただいた番号宛に届きます。そこで案内されている6桁の数字(これを「2段階認証コード」と呼びます)を、2段階認証コードの画面にて入力し、[認証する]をクリックしてください。

これで、2段階認証の設定が完了です。

2段階認証の登録が完了したら、画面の下にある、[開設申込へ進む]をクリックしてください。

「お客さま情報の登録」という画面に切り替わるので、表示されている例を参考に、お客さまの情報を入力します。

お客さま情報の入力が終わったら、「規約への同意」欄にある各規約をご確認ください。

規約の内容に同意いただける場合は、[上記規約に同意します]にチェックを入れ[確認画面へ]をクリックしてください。

お客さまが入力した情報に間違いがないか確認し、問題なければ[確定]をクリックしてください。

以上で本人情報の登録は完了です。

本人確認書類の提出

次に本人確認書類の提出を行います。

【本人確認の手続き】画面に表示されている、以下2つの本人確認方法から任意の方法を選択してください。なお、外国籍のお客さまは、[本人確認書類の画像をアップロード]のみご指定いただけます。
[本人確認書類の画像をアップロード](本人確認書類をスマートフォン等で撮影していただき、その写真データから登録する方法)
[受取時に本人確認をする](配送業者がお客さまのご自宅にお伺いした際に、本人確認書類をご提示いただく方法」

○本人確認書類の画像をアップロード

[本人確認書類の画像をアップロード]を選んだ場合は、使用する本人確認書類の種類を選択します。スマートフォン等で、本人確認書類の表面と裏面を撮影、画面の指示に従ってアップロードし、[画像を確定する]をクリックします。

○受取時に本人確認をする

[受取時に本人確認をする]を選んだ場合は、このページで本人確認書類を提出する必要はありません。GMOコインから発送される「口座開設のお知らせ」をお受取いただく際に、配達業者に本人確認書類をご提示ください。

GMOコインから発送された「口座開設のお知らせ」に記載されている「口座開設コード」を入力します。

口座開設コードの入力は「会員サイト」または「GMOコイン 暗号資産ウォレット」から入力いただけます。

会員サイトから手続きを行う場合は、会員サイトにログイン後、【会員ホーム】の口座開設手続き画面にて入力してください。

口座開設コードの入力が終わったら、その下の[口座開設]をクリックして口座開設完了です。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」から手続きを行う場合、まずはアプリにログインします。

ログイン後、口座開設コード入力画面が表示されますので、「口座開設コード」を入力してください。

入力完了後、「アプリで認証する」画面が表示されますので、2段階認証コードを入力します。

「口座開設が完了しました」という文言が表示されたら口座開設完了です。

日本円を入金する

口座開設が完了したら、次に日本円の入金を行います。日本円の入金方法ですが、GMOコインでは以下2つのサービスを提供しています。
「即時入金」
「振込入金」
それぞれのサービス内容と、入金手順をみていきましょう。

「即時入金」の手順

「即時入金」は、お客さまの口座へすぐに入金ができるサービスで、リアルタイムで余力に反映されます。なお、「即時入金」ではGMOコインが提携している下記の金融機関のインターネットバンキングをご利用いただけます。
なお、「即時入金」の入金手数料は無料です。
GMOあおぞらネット銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
Pay-easy(ペイジー)入金(Pay-easyについてはこちら)

※Pay-easy(ペイジー)でのご入金は下記金融機関のネットバンキングのみご利用可能です。
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
それでは、「即時入金」の手順をみていきましょう。

会員ページにログイン後、【会員ホーム】のメニューバーの【入出金】欄にある【日本円】を選択します。

「日本円 入出金」という画面に遷移しますので、画面上段のタブから【即時入金】を選択してください。

表示された金融機関の中から今回利用する金融機関を選択します。

「即時入金お手続き」という画面が表示されたら、入金したい金額を空欄に入力し[入金開始]をクリックします。

遷移先のページにて、前の画面で入力した金額に間違いがないことを確認し、[進む]をクリックします。

遷移先ページにて画面に表示されている「氏名」「電話番号」「入金金額」に間違いがないことを確認します。問題なければ、[入金お手続きへ]をクリックします。

ページ遷移後、[Pay-easyに進む]をクリックして先に進みます。

外部の銀行ページに遷移しますので、画面の指示に従って入金の手続きを完了してください。

その後、【会員ホーム】の「口座情報」欄にある総資産の項目に、入金した日本円の金額が反映されていることが確認できたら、入金完了です。

※即時入金についての詳細はこちらをご覧ください。

「振込入金」の手順

「振込入金」は各種金融機関の口座から振込をすることで、GMOコインのお客さまの口座へ入金ができるサービスです。振込先の口座は以下の2行から、任意でご指定いただけます。
GMOあおぞらネット銀行
楽天銀行
なお、「振込入金」では、入金手数料は無料ですが、各金融機関の振込手数料はお客さま負担となりますのご注意ください。

それでは、「振込入金」の手順をみていきましょう。

会員ページにログイン後、【会員ホーム】のメニューバーの【入出金】欄にある【日本円】を選択します。

「日本円 入出金」という画面に遷移しますので、画面上段のタブから【振込入金】を選択してください。

「GMOコインあおぞらネット銀行」と「楽天銀行」の振込先情報がそれぞれ表示されますので、今回ご利用される金融機関の情報を控え、ご入金をお願いいたします。

その後、【会員ホーム】-【口座情報】-「日本円」に、入金した日本円の金額が反映されていることが確認できたら、入金完了です。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」を使ったライトコイン(LTC)の購入手順

日本円の入金が完了したら、ライトコイン(LTC)を購入します。GMOコインでは以下2つのサービスにて、暗号資産(仮想通貨)を購入することができます。
「販売所」
「取引所(現物)」

また、GMOコインでは、便利なスマートフォン向けアプリも提供しています。
「GMOコイン 暗号資産ウォレット」
「ビットレ君」
「販売所」と「取引所(現物)」は「GMOコイン 暗号資産ウォレット」から利用できますので、ここではアプリを使った取引手順をご紹介します。
※アプリをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
▪️iOSはこちら
▪️Androidはこちら

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」を使った「販売所」での購入手順

まずは「GMOコイン 暗号資産ウォレット」内の「販売所」サービスを使ったライトコイン(LTC)の購入手順をご紹介します。

アプリを立ち上げます。

ログイン情報を入力します。

二段階認証のコードを入力します。

利用するサービスを選択します。画面下部のタブが「レート」になっていることを確認し、画面上部にあるサービス名から「販売所」を選択してください。

銘柄を選択します。今回はライトコイン(LTC)を購入するので「LTC」を選択してください。

「販売所」の取引画面に遷移します。「販売所」を使ったライトコイン(LTC)の購入方法は「金額指定(円)」と「数量指定(LTC)」の2種類ありますので、どちらか好きな方をお選びください。

「金額指定」の場合は、購入したい日本円の金額を入力し、「購入」ボタンをタップします。

「数量指定(LTC)」の場合は、購入を希望するイーサリアム(LTC)の数量を入力し、「購入」ボタンをタップします。

「注文確認画面」が表示されたら、注文内容に間違いがないか確認しましょう。問題がなければ、「注文確定」ボタンをタップしてください。これでライトコイン(LTC)を購入することができました。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」使った「取引所(現物)」での購入手順

次に「GMOコイン 暗号資産ウォレット」内の「取引所(現物)」サービスを使ったライトコイン(LTC)の購入手順をご紹介します。

アプリを立ち上げます。

ログイン情報を入力します。

二段階認証のコードを入力します。

利用するサービスを選択します。画面下部のタブが「レート」になっていることを確認し、画面上部にあるサービス名から「取引所(現物)」を選択します。

銘柄を選択します。今回はライトコイン(LTC)を購入するので、「LTC」を選択してください。

「取引所現物」の取引画面(画面下部にあるタブの「トレード」画面)に遷移しますので、画面右上にある[注文]をタップしてください。

注文画面に遷移します。取引所(現物)には「成行」と「指値/逆指値」の2種類の注文方法がありますので、どちらかお好きな方を選択してください。

「成行」の場合は、売買区分を「買」に設定し、取引数量に購入を希望するライトコイン(LTC)の数量を入力してください。

その後、[確認画面へ]ボタンをタップします。

「指値/逆指値」の場合は、売買区分を「買」、取引数量に購入を希望するライトコイン(LTC)の数量を入力します。

そして、注文タイプを「指値」、注文レート(円)に購入を希望するライトコイン(LTC)の価格をそれぞれ入力します。

入力が完了したら、[確認画面へ]ボタンをタップしてください。

「注文確認」の画面が表示されたら、注文内容に間違いがないか確認します。問題がなければ、「注文確定」ボタンをタップしてください。

これでライトコイン(LTC)を購入することができました。

ライトコイン(LTC)を購入する際のよくある質問

ライトコイン(LTC)などの暗号資産(仮想通貨)の取引に慣れていない方にとって、サービスや用語でわからないことがあると、不安に感じられるでしょう。そこで、暗号資産(仮想通貨)を購入する上でよくある質問を2つご紹介します。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」と「ビットレ君」の違い

 Q:GMOコインの「GMOコイン 暗号資産ウォレット」と「ビットレ君」は、何が違うのですか?

 A:アプリによってご利用いただけるサービス内容が異なります。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」では、「販売所」「取引所(現物)」「取引所(レバレッジ取引)」の取引ができます。そのほかにも、暗号資産(仮想通貨)の預入や送付、日本円の入出金などのサービスもご利用いただけます。

一方、「ビットレ君」は、「暗号資産FX」の取引に特化したアプリです。スピード注文をはじめとする全6種類の多彩な注文方法や、全10種類のテクニカル指標が利用できる「高機能チャート」が実装されています。「暗号資産FX」を使った取引を行う場合は、「ビットレ君」をご利用ください。

ライトコイン(LTC)などの暗号資産(仮想通貨)を購入する際に手数料は発生する?

Q:ライトコイン(LTC)などの暗号資産(仮想通貨)の購入時には手数料が発生しますか?

A:すでにご紹介している通り、暗号資産(仮想通貨)は「販売所」と「取引所(現物)」の2つのサービスで購入できますが、それぞれ異なる手数料が発生します。
「販売所」:
取引手数料:無料
※「販売所」にはスプレッドと呼ばれる売値と買値の価格差があり、この価格差が実質的な手数料として発生します。

「取引所」:
Maker手数料:-0.01%
Taker手数料:0.05%

※2020年1月21日時点の取引ルールです。
※取引ルールについて詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

まとめ

GMOコインのサービスを使った、ライトコイン(LTC)の購入方法をご紹介しました。GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を購入する際は、「販売所」と「取引所(現物)」から、任意のサービスを選ぶことができます。

また、それぞれのサービス内容についての詳細は以下のページからご確認いただけます。内容を必ず確認し、理解した上で取引を行いましょう。
販売所はこちら
取引所はこちら

コラム一覧へ戻る

ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。