暗号資産(仮想通貨)のショート(空売り)とは?ポジションの建て方や注意点をご紹介!

最終更新日:2020/09/15

暗号資産(仮想通貨)の取引において「ショート」や「ロング」といった言葉を耳にしたことはないでしょうか?このショートやロングという言葉は、FXや株取引、暗号資産(仮想通貨)の証拠金取引で使用される注文方法のことで、ロングは「買い注文」、ショートは「売り注文」を意味します。「ショート」は別名「空売り」とも呼ばれており、価格が下落する相場でも利益を出すことができる注文方法です。

今回は、初心者の方に向けて、暗号資産(仮想通貨)取引の「ショート(空売り)」についてわかりやすく解説していきます。

暗号資産(仮想通貨)の「ショート(空売り)」について

まず、「ショート(空売り)」という言葉について解説します。

ショート(空売り)という言葉は金融取引で頻繁に利用される専門用語で、「売り」という意味を持ちます。このショート(空売り)ですが、単に保有している暗号資産(仮想通貨)を売ることをショートと呼ぶのではなく、自身の預けている資産を証拠金として、「先に売って、あとで買い戻す」という取引を行う際に用いられる用語です。

例えば、暗号資産(仮想通貨)取引所に日本円を入金し、その日本円を証拠金として1BTC=100万円のときに1BTC分ショート(空売り)したとします。その後価格が下落し、1BTC=95万円になった場合、1BTC買い戻すことで、その差額分である5万円を利益として得ることができます。

また、ショート(空売り)に関連する用語で、「ショートポジション」という言葉があります。これはショート(空売り)を注文して、取引が成立した状態を表し、「ショートポジションを持つ」などと表現されます。一方で、ロングを注文して取引が成立した状態のことを「ロングポジション」と言い、同様に「ロングポジションを持つ」などと表現されます。

なお、通常、ロングやショート(空売り)という用語は、証拠金を使用した取引の際に使用されます。そのため、現物取引ではロングやショート(空売り)という用語は通常使用しませんので、覚えておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)のショート(空売り)のメリット

では、暗号資産(仮想通貨)の取引において、ショートポジションを持つことはどのようなメリットがあるのでしょうか?

現物取引の場合、購入したビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を購入価格よりも高い価格で売却することで利益を出すことが可能なため、価格が下落している局面では、利益を出すこと難しくなります。しかし、暗号資産(仮想通貨)の証拠金取引の場合、価格が下落している局面でもショート(空売り)によって利益を得ることが可能です。証拠金取引でショート(空売り)について理解することによって、価格が上昇する局面と価格が下落する局面、両方で利益を得るチャンスを作ることができます。

暗号資産(仮想通貨)のショート(空売り)の注意点

暗号資産(仮想通貨)のショート(空売り)は価格の下落時に取引チャンスを作れる手法ですが、メリットばかりではありません。ここでは、ショート(空売り)で取引を行う際の注意点として2つご紹介します。

ロスカットに注意

ショートするには証拠金取引である必要があり、証拠金取引にはロスカットという制度があります。

ロスカットとは、取引者の資産を守るために、各暗号資産(仮想通貨)取引所で定められた証拠金維持率に基づいて、強制的に全てのポジションが決済される制度です。ショート(空売り)に限った話ではありませんが、損失が大きくなった場合、取引者の意向を問わず、強制的に決済されてしまう場合がありますので注意が必要です。

このロスカットですが、例えばGMOコインの場合ロスカットされる前に、メールなどでロスカットアラート(証拠金維持率が低くなり、ロスカットされる可能性があることを知らせる為の通知)がくる仕様になっています。そのため、ロスカットアラートの確認後、ロスカットを望まない場合は追加で証拠金を入金するなど、対策することが可能です。

暗号資産(仮想通貨)のボラティリティは大きく、急激に価格が変動することがあります。レバレッジをかけて証拠金取引を行う際は、取引数量を管理し、証拠金維持率に十分気をつけましょう。

価格が上昇すると含み損を抱える

価格が下落すると予想をしてショートポジションをもったものの、意に反して価格が上昇し、含み損を抱える場合があります。また、ショートはレバレッジをかけた取引になりますので、同じ価格変動幅でも現物取引と比較して、多くの含み損を抱える可能性があります。ショートはその特徴をしっかりと確認したうえでポジションを持つと良いでしょう。

暗号資産(仮想通貨)のショート(空売り)ポジションの建て方

ここでは実際にGMOコインのサービスである「暗号資産FX」を使って、ショートポジションの建て方を紹介します。また、ショートポジションを持つのに適したタイミング、適さないタイミングも合わせてご紹介します。

ショートポジションの建て方

今回は、初心者の方でも簡単に注文ができる成行注文を使って、ショートの建て方・手順を紹介します。成行注文とは、「現時点で一番有利な価格で注文する」という注文方法です。

まず、はじめにGMOコインの公式サイトから会員ページへログインし、【暗号資産FX】をクリックしてください。

注文画面に表示されている各種項目に入力していきます。
注文方法:「成行」を選択します。
ショートはどの注文方法でも行うことができます。今回は「成行注文」でショートポジションの建て方をご紹介しますので、「成行」を選択します。

売買区分:「売」を選択します。ショートの場合は「売」、ロングの場合は「買」を選択します。
取引数量:注文したい金額を入力します。
許容スリッページ:必要に応じて入力します。
スリッページとは、注文価格と実際の約定価格の差のことを指します。
スリッページを設定することで、注文価格と実際の約定価格の差に制限を設けることができ、例えば相場急変などで注文価格と実際の約定価格の差が大きくなりそうな場面では、約定させずに注文を失効させることができます。なおスリッページを設定しなくても、成行注文は可能です。

[確認画面へ]をクリックし、確認画面で入力内容に問題がなければ注文を確定します。
ここまででショートの注文は完了です。

注文が完了すると、【暗号資産FX】-【注文一覧】の下部に、先ほどの注文の状態が表示されます。注文内容を変更したい場合や、注文をキャンセルしたい場合、ポジションを決済したい場合などは、この画面から操作が可能です。

ショートに適したタイミング

相場には「トレンド」という言葉があります。トレンドには「上昇トレンド」と「下降トレンド」の2種類が存在します。上昇トレンドでは、価格が徐々に上昇し、チャートが右肩上がりになります。一方下降トレンドでは、価格は徐々に下落し、チャートは右肩下がりになります。

短期・中期・長期の期間によって影響度は異なりますが、長期の下落トレンドに相場が転換した際には、ショートポジションを中心に注文をした方が利益を得やすいとされています。

例えば、2018年2月頃から長期間続いた下落トレンドでは、相場は右肩下がりに価格が落ち込んでいきました。このようなトレンドでは、相場の値動きに逆らってロングポジションを保有するよりも、長期的にショートポジションを保有した方がリスクを抑えながら利益をあげられる場合があります。

ただし、数秒から数日で行う短期トレードの場合は、トレンドの転換よりも値動きの「戻り売りのタイミング」を狙うことが重要とされています。戻り売りとは、市場が下落基調にある中で、一時的に価格が上昇したタイミングでショートをする方法のことです。反対に、一時的に価格が下落したタイミングでロングをすることを押し目買いと言います。

また、暗号資産(仮想通貨)に関係するネガティブなニュースやイベントが発生するタイミングでもショートは適しているとされています。そのため、ネットのユーザーの声や過去にあったニュースを参考に、今後どのような類のニュースが出れば相場が大きく動くのか予測するという手法がとられることもあります。

ショートに適さないタイミング

2017年から2018年1月にかけて続いた長期的な上昇トレンドのような場面では、長期的にショートポジションを保有するよりも、長期的にロングポジションを保有するか、短期で押し目を狙ってロングをし、価格が上がったところで売却する方法が有効といえるでしょう。

また、暗号資産(仮想通貨)が下落を続けている場合、それは市場の参加者が暗号資産(仮想通貨)を売却していることを意味します。しかし、相場が下落すればするほど「買い戻し」を行いたい人が増えるので、一時的に価格が上昇(回復)することがあります。そのため、下落が続いているからといって安易にショートをしてしまうと、押し目のタイミングと重なり、思わぬ損失を被る可能性があるため注意が必要です。

ショートが出来る暗号資産(仮想通貨)取引所

GMOコインでは、ショートの注文を行うことが可能です。GMOコインの注文においては、「成行」「指値」「IFD」「OCO」「IFD-OCO」の5種類の注文方法が用意されており、ユーザーは相場の状況に合わせて注文を行うことができます。

また、即時入金や入出金手数料が「無料」であるため、頻繁に資金の出し入れを行いたい方や、日本円をすぐに入金したい方にとって使い勝手の良くなるよう設計されています。

まとめ

今回は、暗号資産(仮想通貨)のショート(空売り)のメリットや注文方法、GMOコインでの操作方法についてご紹介しました。

暗号資産(仮想通貨)取引におけるショート(空売り)は、長期的な下落トレンドや値動きの戻り売りのタイミングで有効的に活用すると利益を上げられる投資手法です。ただし、レバレッジ倍率の取り扱いや証拠金維持率、ロスカットについての知識が曖昧なまま投資を始めてしまうと大きなリスクを伴います。これから投資を始める初心者の方は、ご自身の大切な資産を守るためにも、暗号資産(仮想通貨)取引所の注文画面の操作や取引に関する学習をした上で投資を始めるようにしましょう。

コラム一覧へ戻る

暗号資産のショート(空売り)に関するよくある質問

Q暗号資産のショート(空売り)とは何ですか?
A暗号資産のショート(空売り)とは、自身の預けている資産を証拠金として、「先に売って、あとで買い戻す」という取引を行う際に用いられる用語です。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q暗号資産のショート(空売り)にはどのようなメリットがありますか?
Aショートポジションを持つことで、価格が下落している局面でも利益を得ることが可能です。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q暗号資産のショート(空売り)する場合どのような注意点がありますか?
Aショートポジションを持った状態で価格が上昇した場合、含み損を抱えたり、ロスカットされる場合があります。
詳しくはこちらをご参照ください。
QGMOコインではどのサービスでショート(空売り)できますか?
A「暗号資産FX」と「取引所(レバレッジ取引)」でご利用いただけます。
詳しくはこちらをご参照ください。
   
ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。