【2019年最新】リップル(XRP)の最新動向を知るには?Ripple社による2020年の将来予測と合わせて解説

最終更新日:2020/09/04

リップル(XRP)に関しては、ニュースメディアやSNSで日々さまざまな情報が飛び交っています。

今回は、リップル(XRP)の将来や今後の動向など知っておくべき情報を、Ripple社による予測とともに解説します。

リップル(XRP)とは

リップル(XRP)は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に続いて、時価総額第3位の暗号資産(仮想通貨)です。(2019年12月現在)
リップル(XRP)の仕組みは2004年から考案され、2013年に正式に配布が開始されました。

明確な管理主体

ビットコイン(BTC)と違い、リップル(XRP)にはRipple社という管理主体が存在します。このRipple社が大量のリップル(XRP)を保有しており、毎年少しずつ市場に放出することで運営資金を確保しています。

中央集権型通貨

リップル(XRP)の取引はブロックチェーンにおける分散処理ではなく、Ripple社が管理・認定する「バリデーター」と呼ばれる承認者の多数決によって合意されます。

そのため、処理のほとんどはRipple社が管理するサーバーで行われ、結果として処理の高速化とコスト低減に成功しています。

リップル(XRP)の最新動向を知るには?

リップル(XRP)についての最新情報は、各メディアのニュースをチェックするほか、Ripple社が運営する公式Webサイトでも確認することができます。

公式Webサイト「Insights」

Ripple社では前述したように、公式Webサイトでさまざまな情報発信を行っています。

その中でも「Insights」というページでは、
ニュース
VIEWS
特集
XRP
のカテゴリに応じて、RippleNetに関する最新情報のほか、ブロックチェーンや決済に関する寄稿、カンファレンスの実施レポートといった記事が多数掲載されています。

リップル(XRP)についてより詳しく、正確な情報を入手ことができますので、公式Webサイトの情報は定期的にチェックするようにしましょう。

Insights
https://ripple.com/insights

毎年行われるカンファレンスイベント「Swell」

Ripple社は、国際的なカンファレンスイベント「Swell(スウェル)」を毎年開催しています。これまで2017年から2019年にかけて年に1度ずつ、計3回開催されました。

Swellには、Ripple社を代表するメンバーはもちろん、元大統領や、暗号資産(仮想通貨)に関連する各国の政府機関担当者など、政治・金融・経済をリードする人々が参加しており、これまでにさまざまな発表や議論を重ねています。

また、このイベントでは例年、Ripple社によって大きな発表が行われる傾向があります。リップル(XRP)の将来に関わる重要な情報が公開される可能性もありますので、チェックしておくのがおすすめです。

Ripple社による2020年の将来予測

先に挙げた「Insights」で、Ripple社は2020年における業界予測を、3つのテーマという形で公表しています。ここではその3つの概要をご紹介します。

デジタル資産が、消費者向け金融プロダクトの土台を支える

Ripple社のSVP of ProductであるAsheesh Birlaは、ブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)業界においてモバイルウォレットの存在感が増すのではないかと予測しています。

またBirlaは、
モバイルウォレットや「Gojek」「Grab」「PayPal」といった「スーパーアプリ」のなかで、デジタル資産やブロックチェーンの導入はより主流になっていくこと
その導入は、やがて新しいクレジット商品、ローン商品につながっていくこと
などを予測しています。

組織(機関)によるデジタル資産の導入が加速する

Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouseは、2020年、世界のトップ20の銀行が積極的にデジタル資産を保有、取引することを予測しています。

さらにGarlinghouseは、2020年には法定通貨がデジタル化するとも考えており、非G20国の通貨のうち少なくとも1つは完全にデジタル化するだろう、と予想しています。

暗号資産(仮想通貨)業界全体が足並みを揃えるために進化する

Ripple社では、CEOであるBrad Garlinghouseを含め、今後の暗号資産(仮想通貨)業界では取引所合併の波が来ると考えているようです。

またGarlinghouseは、「世界に2000種類以上のデジタル資産は必要ない」とも述べ、デジタル資産についても淘汰が発生すると考えているとのことです。

※上記3つのテーマに関する説明は、以下のRipple社公式ページの内容に基づいています。
2020: The Year of the Digital Asset
https://ripple.com/insights/2020-the-year-of-the-digital-asset/

まとめ

今回は、リップル(XRP)の最新動向に関する情報と、Ripple社による2020年の将来予測についてみてきました。

暗号資産(仮想通貨)を取り巻く状況は常に変化しています。重要な情報を見逃すことのないよう、各メディアのニュースのほか、公式Webサイトも欠かさずチェックしておきましょう。

コラム一覧へ戻る

ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。