ビットコイン(BTC)のウォレットとは?種類と入手方法をご紹介

最終更新日:2020/11/04

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の取引を行う上で、重要な役割を担っているのがウォレットです。

ウォレットは、ビットコイン・ウォレットや暗号資産ウォレットなどとも呼ばれており、その名称を聞いたことはあるものの、実際にどのような役割を果たしているのか、ご存知ない方もいるでしょう。

この記事では、ビットコイン(BTC)のウォレットを以下の3項目に沿ってご紹介します。
ビットコイン(BTC)のウォレットとは
ビットコイン(BTC)のウォレットの種類
ビットコイン(BTC)のウォレットの入手方法

ビットコイン(BTC)のウォレットとは?

ここではビットコイン(BTC)のウォレットとはどのようなものか、ご紹介します。

ビットコイン(BTC)のウォレットとは、秘密鍵(シークレットキー)を保管・管理するためのソフトウェアです。

秘密鍵(シークレットキー)とは、銀行でいうとお金を引き出す際に必要な暗証番号のようなもので、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の送付に必要な情報となります。

ビットコイン(BTC)のウォレットの種類

ビットコイン(BTC)のウォレットにはいくつかの種類がありますが、それらは大きく2種類に分類することができます。ひとつは「ホットウォレット」、もうひとつは「コールドウォレット」です。

ここからは、「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の概要と、それぞれに分類される代表的なウォレットをご紹介します。

ホットウォレットとは

ホットウォレットとは、インターネットに接続されている状態にあるウォレットを指します。

ホットウォレットはインターネットに接続されているため、コールドウォレットと比較すると、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の送付がスムーズに行えます。

代表的なホットウォレットに、以下の3種類があります。

ウェブウォレット
モバイルウォレット
デスクトップウォレット

それぞれのウォレットをみていきましょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、特定のウェブサイトを通じて提供されているオンラインサービスです。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとは、スマートフォン上のアプリケーションで提供されているウォレットです。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、パソコン上にダウンロードすることで利用できるウォレットです。

コールドウォレットとは

コールドウォレットとは、インターネットから隔離された状態にあるウォレットを指します。

コールドウォレットはインターネットから隔離されているため、ホットウォレットと比較すると、ハッキングや不正アクセスなどの盗難リスクを低減することができます。

代表的なコールドウォレットに、以下の2種類があります。
ハードウェアウォレット
ペーパーウォレット

それぞれのウォレットをみていきましょう。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、ウォレットとして使用されるように開発された専用の電子機器です。代表的なウォレットとして、「Trezor」や「Ledger」などがあります。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、アドレスと秘密鍵を印刷した紙媒体のウォレットです。

自分でウォレットを作成する以外でビットコイン(BTC)を保有する方法

ここまで、ウォレットとはどのようなものか、ウォレットの種類、についてご紹介してきました。

この記事を読んでいる方の中には、これからビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の取引を始めるために、ウォレットについて調べている方もいるでしょう。また、暗号資産(仮想通貨)を取引する上で、ウォレットは必ず自分で作成する必要があると考えている方もいるかもしれません。

実は、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)は、自分のウォレットが無くても、GMOコインなどの暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設することで、購入、売却、送付、保有できます。

この記事では、スマートフォンを使って、GMOコインで口座開設を行う手順をご紹介します。

GMOコインで口座を開設する

まずはメールアドレスの登録を行います。GMOコインの口座開設ページにアクセスします。
(https://coin.z.com/jp/member/signup)

【口座開設】の画面が表示されますので、利用するメールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」のチェックボックスをタップして、[無料口座開設]をタップします。

「認証メールを送信しました。」という文章で始まる画面に切り替わった後、登録したメールアドレスにGMOコインからのメールが届いているか確認します。

「【GMOコイン】登録メールアドレスのご確認」という件名のメールを確認できましたら、そのメール内にあるパスワード設定用のURLをタップします。

【パスワード設定】の画面が表示されますので、パスワードの設定を行います。パスワードの入力が終わりましたら、確認のために同じパスワードを入力し、[設定する]をタップします。

これでメールアドレスの登録と、パスワードの設定は完了です。

次に、【パスワード設定完了】の画面にある、[ログイン画面へ]をタップします。

遷移後の画面で、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をタップします。

【電話番号による認証】の画面が表示されますので、お使いの携帯電話の番号または固定電話の番号を、「-」(ハイフン)なしで入力します。入力後、[コードを送信]をタップします。

【SNSによる認証設定】の画面が表示されますので、お使いの電話番号で間違いないことを確認できましたら、[コードを送信する]をタップします。

通常数十秒以内で、自動音声通話かSMS(ショートメッセージサービス)が、入力した番号に届きます。そこで案内された6桁の数字(これを「2段階認証コード」と呼びます)を画面に入力し、[認証する]をタップします。

これで、2段階認証の設定は完了です。

【認証が完了しました】の画面が表示されますので、画面の下にある、[開設申込へ進む]をタップします。

【お客さま情報の登録】の画面が表示されますので、記入例を参考に、お客さまの情報を入力します。

お客さま情報の入力が終わりましたら、「規約への同意」欄にある各規約を確認し、[上記規約に同意します]にチェックを入れ[確認画面へ]をタップします。

確認画面で、入力した情報に間違いがないかを確認し、問題なければ[確定]をタップします。

次に本人確認書類の手続きを行います。

【本人確認の手続き】の画面に表示されている以下①〜③の方法のうち、いずれかを選択します。

①「かんたん本人確認」(ご自身の顔と本人確認書類1点を撮影する方法)

②「画像アップロード」(本人確認書類を2点アップロードする方法)

③「配達員へ提示」(配送業者がお客さまのご自宅にお伺いした際に、本人確認書類を提示する方法)

①「かんたん本人確認」
「かんたん本人確認」はスマートフォン限定のサービスです。以下6点の本人確認書類のうち、いずれか1点を事前に用意する必要があります。
運転免許証
個人番号カード
在留カード
住民基本台帳カード(顔写真あり)
運転経歴証明書
特別永住者証明書
「かんたん本人確認」を希望する場合は、スマートフォンから会員ホームにログインし、【本人確認の手続き】-「かんたん本人確認」の[選択する]をタップします。

外部の本人確認サイトに遷移しますので、画面の指示にしたがって、「本人確認書類」と「お客さまの顔」を撮影します。その後、GMOコインにより開設審査が行われ、審査に通過するとGMOコインから「【GMOコイン】口座開設コード入力のお願い」という件名のメールが届きます。

②「画像アップロード」
「画像アップロード」は、以下10点の本人確認書類のうちいずれか2点を事前に用意する必要があります。
運転免許証
各種健康保険証
パスポート
個人番号カード
住民票の写し
住民基本台帳カード(顔写真あり)
住民票記載事項証明書
印鑑登録証明書
在留カード
特別永住者証明書
「画像アップロード」を希望する場合は、会員ホームの【本人確認の手続き】-「画像アップロード」の[選択する]をタップします。

【本人確認書類のアップロード】の画面が表示されましたら、プルダウンメニューより提出する本人確認書類を選択し、画面の指示に従って本人確認書類の画像をアップロードします。

アップロードが完了しましたら、[画像を提出する]をタップします。

【書類に不備はありませんか?】の画面が表示されますので、問題がなければ[書類を提出する]をタップします。これで1点目の本人確認書類の提出は完了です。

1点目の本人確認書類の提出が完了しましたら、2点目の本人確認書類も同じ手順で提出します。

2点目の本人確認書類の提出が完了しましたら、「本人確認書類のご提出を受け付けました。」から始まる文言が表示されます。

その後、GMOコインにより開設審査が行われ、審査に通過すると「口座開設のお知らせ」が発送されます。この「口座開設のお知らせ」は、配送業者から必ず受け取る必要があります。

③「配達員へ提示」
「配達員へ提示」は、配達員から「口座開設のお知らせ」を受け取る際に、以下4点の本人確認書類のうちいずれか1点を配達員に提示する必要があります。
運転免許証
パスポート
個人番号カード
住民基本台帳カード(顔写真あり)
「配達員へ提示」を希望する場合は、会員ホームの【本人確認の手続き】-「配達員へ提示」をタップします。

【配達員へ提示】の画面が表示されましたら、「配達員へ提示」の流れを読み、[「配達員へ提示」を申し込む]をタップします。

後日、GMOコインから発送される「口座開設のお知らせ」を配達業者から受け取る際に、配達業者に画面に表示されている本人確認書類のうち、いずれか1点を提示する必要があります。

次に、口座開設コードの入力を行います。

口座開設コードの受け取り方法は、本人確認の手続きで選択した①〜③のそれぞれで異なります。

①「かんたん本人確認」を選択した場合、口座開設コードは「【GMOコイン】口座開設コード入力のお願い」という件名のメールで送付されます。

②「画像アップロード」または③「配達員へ提示」を選択した場合、口座開設コードは「口座開設のお知らせ」という書類で発送されます。

メールまたは書類を受け取りましたら、口座開設コードを入力します。

口座開設コードの入力は、会員ページまたは『GMOコイン 暗号資産ウォレット』から行います。

会員ページから手続きを行う場合は、会員ページにログイン後、【会員ホーム】の口座開設手続き画面で「口座開設コード」を入力し、その下の[口座開設]をタップします。

『GMOコイン 暗号資産ウォレット』から手続きを行う場合、まずはアプリにログインします。

ログイン後、口座開設コード入力画面が表示されますので、「口座開設コード」を入力します。

「口座開設が完了しました」という文章から始まる画面が表示されましたら、口座開設完了です。

まとめ

ビットコイン(BTC)のウォレットについて、概要、種類、入手方法の、3つの観点からご紹介しました。

ウォレットは、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を保管・管理する上で非常に重要な役割を持ちます。それぞれの特徴を理解した上で、目的にあったウォレットを選択すると良いでしょう。

また、ウォレットは、GMOコインなどの暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設することで入手できます。これから暗号資産(仮想通貨)取引を始めてみたいとお考えの方は、この機会にGMOコインでの口座開設をご検討されてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ戻る

ビットコイン(BTC)のウォレットに関するよくある質問

Qビットコイン(BTC)のウォレットとは何ですか?
Aビットコイン(BTC)のウォレットとは、秘密鍵を保管・管理するためのソフトウェアです。
詳しくはこちらをご参照ください。
Qビットコイン(BTC)のウォレットにはどのような種類がありますか?
Aビットコイン(BTC)のウォレットはいくつかの種類がありますが、大きく「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の2種類に分類することができます。
詳しくはこちらをご参照ください。
Qホットウォレットとコールドウォレットにはどのような違いがありますか?
Aホットウォレットとは、インターネットに接続されている状態にあるウォレットです。
コールドウォレットとは、インターネットから隔離された状態にあるウォレットのことです。
詳しくはこちらをご参照ください。
Qウォレットを作成する方法以外にビットコイン(BTC)を保有する方法はありますか?
Aウォレットを作成しなくても、暗号資産取引所で口座を開設することでビットコイン(BTC)を保有することができます。
詳しくはこちらをご参照ください。
   
ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。