ビットコイン(BTC)のショート(空売り)とは?アプリを使ったポジションの建て方とメリットや注意点

最終更新日:2020/07/22

ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産(仮想通貨)の取引方法のひとつに、ショート(空売り)があります。ショート(空売り)は証拠金取引の際に使われる用語ですが、どのような取引かご存知でしょうか?ショート(空売り)の概要やメリット、注文方法について解説します。

ビットコイン(BTC)のショート(空売り)とは

ショート(空売り)とは金融取引で用いられる専門用語で、証拠金取引などにおける注文方法のひとつです。

ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を購入または売却する現物売買とは違い、預けている資産を証拠金として、「先に売って後で買い戻す」という取引を行う際に用いられます。

例えば、GMOコインなどの暗号資産(仮想通貨)取引所に日本円を入金し、その日本円を証拠金として1BTC=100万円の時に1BTC分をショート(空売り)したとします。その後価格が下落し、1BTC=90万円になった場合、1BTCを買い戻すことで、差額分である10万円分を利益として得ることができます。

また、ショート(空売り)とは反対に「先に買って後で売る」取引のことを「ロング」と言います。他にも、ショート(空売り)やロングに関連する用語で「ポジション」という言葉があります。「ロングポジションを持つ」「ショートポジションを持つ」などと表現され、これはショート(空売り)やロングを注文して、取引が成立した状態のことを表します。

ショート(空売り)のメリットと注意点

ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号資産(仮想通貨)でショート(空売り)ポジションをもつことは、どのようなメリットがあるのでしょうか?注意点とあわせてみていきましょう。

ショート(空売り)のメリット

現物取引で行えるのは、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)を購入、または購入済みの暗号資産(仮想通貨)を任意のタイミングで売却することです。利益を得るためには、購入した暗号資産(仮想通貨)の価格が購入時より上昇する必要があります。

一方ショート(空売り)は、価格が下落することで利益を出すことができます。そのため、利益を得られるチャンスが増え、取引の幅も広がります。

ショート(空売り)の注意点

暗号資産(仮想通貨)取引において、ショート(空売り)は取引の幅を増やすことができる方法のひとつですが、気をつけなければならない部分もあります。具体的にはどのような注意点があるのでしょうか?

すでにご紹介している通り、ショート(空売り)は証拠金を使った取引の際に用いられます。

証拠金を使った取引では、預け入れた証拠金よりも大きな金額を取引できるレバレッジをきかせることができる場合があります。

レバレッジをきかせた取引では、効率的に取引ができる反面、思惑通りに価格が変動しなかった場合には、強制的にロスカットされ、預け入れた証拠金を超えるような大きな損失が出る可能性もあります。

ロスカットとはショート(空売り)を含むレバレッジ取引で提供されるサービスです。ロスカットは相場の変動によって生じる損失を限定的にすることを目的として、強制的に建玉を決済することを言います。ロスカットの基準は各暗号資産(仮想通貨)取引所のサービスごとに異なりますので、レバレッジ取引を行う際は事前に確認しておくと良いでしょう。

なお、GMOコインのロスカットについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ショートポジションを建てられるサービス

GMOコインでショート(空売り)が可能な2種類のサービスをご紹介します。

「暗号資産FX」

「暗号資産FX」は販売所形式の証拠金を使った取引です。GMOコインでは、購入価格と売却価格の2種類を同時に提示する、シンプルでわかりやすい2wayプライスを採用しています。

GMOコインでは下記の9銘柄で取引ができます。
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ (BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)

「取引所(レバレッジ取引)」

GMOコインの「取引所」サービスでは、現物取引とレバレッジ取引の2種類を用意しており、このうちレバレッジ取引でのみ、ショート(空売り)を行うことができます。GMOコインでショート(空売り)を行う際は、「取引所(現物)」と間違えることの無いように気をつけましょう。

GMOコインでは下記の5銘柄で取引ができます。
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ (BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)

アプリを使ったショートポジションの建て方

ここからは、スマートフォン向けのアプリを使ったショートポジションの建て方をご紹介します。GMOコインでは「ビットレ君」と「GMOコイン 暗号資産ウォレット」の2つのアプリを提供していますので、それぞれみていきましょう。

なお、暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際は、口座開設と日本円の入金が必要となりますので、まだ口座をお持ちでない、または日本円を入金していない方は、以下URLをご参考に準備をしておきましょう。
口座開設の手順はこちら
日本円入金の手順はこちら

「ビットレ君」を使ったショート(空売り)ポジションの建て方

まずは「ビットレ君」を使ったショートポジションの建て方をご紹介します。

「ビットレ君」は暗号資産FX専用のアプリです。取引に合わせて使い分けができる全6種類の注文方法や、本格的な分析ができる全10種類のテクニカル指標がご利用いただけます。

今回は、6種類の注文方法のうち、「スピード注文」を使ったショートポジションの建て方の手順をご紹介します。

「ビットレ君」を起動します。

※「ビットレ君」をお持ちでない方はこちらからダウンロードを行ってください。
iOSはこちら
Androidはこちら

ショート(空売り)したい銘柄を選択してください。今回はビットコイン(BTC/JPY)を選びます。

画面下のタブの[スピード注文]を選択します。

[取引数量]という項目に、ショート(空売り)したいビットコイン(BTC)の数量を入力します。

画面上部の青色のBID(売)を選択します。

以上でショート(空売り)の注文は完了です。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」を使ったショート(空売り)ポジションの建て方

次に「GMOコイン 暗号資産ウォレット」を使ったショートポジションの建て方をご紹介します。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」は「販売所」「取引所(現物取引)」「取引所(レバレッジ取引)」のサービスや暗号資産(仮想通貨)の預入・送付、口座情報の更新などの機能が網羅されているスマートフォン専用のアプリです。

また、「取引所(レバレッジ取引)」で注文する方法は以下の2種類があります。
成行:価格を指定せずに注文を行う方法です。注文はすぐに成立しますが、相場の状況によって思わぬ価格で注文が成立することがあります。
指値/逆指値:価格を指定して注文する方法です。希望価格で取引ができますが、条件に合わない場合、注文は成立しません。

今回は「成行」注文の手順を確認しましょう。

「GMOコイン 暗号資産ウォレット」を起動します。

※「GMOコイン 暗号資産ウォレット」をお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
▪️iOSはこちら
▪️Androidはこちら

画面上部でサービスを切り替えます。サービス名を選択して「取引所(レバレッジ)」を選んでください。

ショート(空売り)したい銘柄を選択します。今回はビットコイン(BTC/JPY)を選んでください。

画面右側にある[注文]を選択します。

注文画面が表示されるので、注文方法を選択します。今回は「成行」で注文しますので、タブの[成行]を選択しましょう。

以下のように必要情報を入力します。
取引区分:新規注文なので、「新規」を選択します。
売買区分:ショート(空売り)は売りの注文なので、「売」を選択します。
取引数量:ショート(空売り)したいビットコイン(BTC)の数量を入力します。1回の注文の最小数量は0.01BTC、最大数量は5BTCとなります。

入力が全て終わったら[確認画面へ]を選択してください。

「注文確定」という画面が表示されるので、内容を確認して問題がなければ[注文確定]を選択してください。

以上でショート(空売り)の注文は完了です。

まとめ

ビットコイン(BTC)のショート(空売り)について、そのメリットや注意点、アプリを使ったポジションの建て方を中心に解説しました。

価格が上昇することで利益を得ることができる現物取引とは異なり、ショート(空売り)は価格の下落によって利益が発生しますので、相場の状況に応じてうまく使い分けると良いでしょう。

また、今回ご紹介したGMOコインのアプリは以下URLからダウンロードできますので、取引をされる際は利用してみてはいかがでしょうか。

「GMOコイン
暗号資産ウォレット」

『GMOコイン 暗号資産ウォレット』アプリのイメージ

GMOコイン 暗号資産ウォレット』は無料でご利用いただけます。

  • App StoreへのQRコード

    App Store

  • Google PlayへのQRコード

    Google Play

・ご利用料金:無料(通信料金などは、お客様のご負担になります。)

「ビットレ君」

『ビットレ君』アプリのイメージ

ビットレ君』は無料でご利用いただけます。

  • App StoreへのQRコード

    App Store

  • Google PlayへのQRコード

    Google Play

・ご利用料金:無料(通信料金などは、お客様のご負担になります。)

コラム一覧へ戻る

ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。