ビットコイン(BTC)の最安値と最高値は?2017年~2020年の価格を年別でご紹介

最終更新日:2020/12/28

2017年にビットコイン(BTC)の価格は大幅な上昇をみせ、テレビのニュースで取り上げられるなど、世間からの注目を集めました。

また2018年以降もビットコイン(BTC)の価格は大幅な変動をみせていますが、価格の下落など様々な要因でビットコイン(BTC)の取引から離れてしまい、その結果、現在どの程度の価格変動が起こっているのか、ご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、2017年から2020年までの、
ビットコイン(BTC)の価格推移
ビットコイン(BTC)の最高値・最安値
ビットコイン(BTC)に関連する出来事
を、年別でご紹介いたします。

※価格情報はGMOコインのBID価格を参照

【2017年】ビットコイン(BTC)の価格情報(最安値・最高値)と関連する出来事

2017年は仮想通貨元年とよばれ、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)に関するニュースがテレビなどでも報道され、大きな話題となりました。この年のビットコイン(BTC)の価格とビットコイン(BTC)に関連する出来事をみていきましょう。

2017年のビットコイン(BTC)の価格

2017年1月1日に1 BTC = 109,279円で取引されていたビットコイン(BTC)は、12月にかけて右肩上がりに上昇し、12月31日には1 BTC = 1,660,079円を記録しました。

2017年のビットコイン(BTC)の最安値と最高値、値幅は以下の通りです。
最安値:84,950円(1月に記録)
最高値:2,332,385円(12月に記録)
値幅(最高値 - 最安値):2,247,435円

2017年のビットコイン(BTC)に関連する出来事:ハードフォーク

2017年8月、ビットコイン(BTC)のハードフォークによって、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。ハードフォークとはブロックチェーンが分岐することで、後方互換性のないアップデートを意味します。このハードフォークは、ビットコイン(BTC)の抱える「スケーラビリティ問題」がきっかけとなり発生しました。

スケーラビリティ問題とは、ビットコイン(BTC)のブロック容量の上限が1MBに設定されていることで、ビットコイン(BTC)の取引件数が増加した際に取引の処理が追いつかず、処理速度の低下や取引手数料の高騰が発生するという問題です。
この問題を解決するにあたって、ブロックのサイズを変えずに解決を試みる「セグウィット (Segwit)」と、ブロックサイズを大きくすることで解決を試みる「ビッグブロック (Big Block)」の2通りの方法が提起されました。このうちビッグブロック (Big Block)は後方互換性のないアップデートだったため、ブロックチェーンの分岐に至りました。


【2018年】ビットコイン(BTC)の価格情報(最安値・最高値)と関連する出来事

2018年のビットコイン(BTC)の価格は、2017年から一転して大幅に下落しました。この年のビットコイン(BTC)の価格とビットコイン(BTC)に関連する出来事をみていきましょう。

2018年のビットコイン(BTC)の価格

2018年1月1日に1 BTC = 1,660,079円で取引されていたビットコイン(BTC)は、12月にかけて右肩下がりに下落し、12月31日には1 BTC = 399,574円となりました。

2018年のビットコイン(BTC)の最安値と最高値、値幅は以下の通りです。
最安値:350,853円(12月に記録)
最高値:2,000,620円(1月に記録)
値幅(最高値 - 最安値):1,649,767円

2018年のビットコイン(BTC)に関連する出来事:中国で暗号資産(仮想通貨)に対する規制を強化すると報道

2018年1月15日に、中国で暗号資産(仮想通貨)に対する規制を強化するという報道が行われました。

中国では2017年以降、暗号資産(仮想通貨)に対する規制の強化が行われており、ICOや中国国内の暗号資産(仮想通貨)取引所は、すでに規制の対象となっていました。

1月15日の報道は、「中国本土から国内外の暗号資産(仮想通貨)取引所への投資を制限することを検討している。」という暗号資産(仮想通貨)に対する更なる規制の強化を促す内容となっており、仮にこれが実現した場合、中国からビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)へ資金流入がなくなる可能性があると示唆されました。

なおこの報道が行われた翌日16日に、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)の価格は大きく下落しました。この日のビットコイン(BTC)は167万円台で取引が開始されましたが、わずか1日で40万円以上の大幅な下落を記録し、終値は120万円台となりました。

【2019年】ビットコイン(BTC)の価格情報(最安値・最高値)と関連する出来事

2019年のビットコイン(BTC)の価格は、上半期に大きな上昇をみせました。この年のビットコイン(BTC)の価格とビットコイン(BTC)に関連する出来事をみていきましょう。

2019年のビットコイン(BTC)の価格

2019年1月1日に1 BTC = 399,578円で取引されていたビットコイン(BTC)の価格は、6月にかけて右肩上がりに大幅に上昇します。その後、7月から12月にかけて下落し、12月31日には1 BTC = 761,264円となりました。

2019年のビットコイン(BTC)の最安値と最高値、値幅は以下の通りです。
最安値:361,516円(1月)
最高値:1,473,564 円(6月)
値幅(最高値 - 最安値):1,112,048円

2019年のビットコイン(BTC)に関連する出来事:国内取引所のレバレッジ倍率の変更

2019年は日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所において、デリバティブ取引のレバレッジ倍率が一律4倍に変更されました。

レバレッジ倍率の変更は、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(現 一般社団法人日本暗号資産取引業協会)によって制定された自主規制規則およびガイドラインに基づいて実施されたもので、GMOコインでは以下の通りに変更されました。

【変更前】
ビットコイン(BTC)のレバレッジ:5・10倍
アルトコインのレバレッジ:5倍

【変更後】
一律4倍

【2020年】ビットコイン(BTC)の価格情報(最安値・最高値)と関連する出来事

2020年のビットコイン(BTC)の価格は、11月に大きな上昇をみせました(※)。この年のビットコイン(BTC)の価格とビットコイン(BTC)に関連する出来事をみていきましょう。

(※)2020年12月16日までの価格を参照

2020年のビットコイン(BTC)の価格

2020年1月1日に1 BTC = 761,264円で取引されていたビットコイン(BTC)の価格は月末にかけて上昇しますが、2月から3月にかけて大きく下落しました。その後、4月以降は再び上昇をみせ、11月30日には、2018年1月以来となる200万円台を記録しました。

2020年12月16日現在のビットコイン(BTC)の最安値と最高値、値幅は以下の通りです。
最安値:402,022円(3月)
最高値:2,121,606円(12月)
値幅(最高値 - 最安値):1,719,584円

2020年のビットコイン(BTC)に関する出来事:半減期

2020年5月、ビットコイン(BTC)は3度目となる半減期を迎え、マイニング報酬は12.5BTCから6.25BTCヘ半減しました。

ビットコイン(BTC)の取引は、マイニングによって承認されます。マイニングはマイナーによって行われ、マイニングに成功したマイナーは、報酬として新規発行されるビットコイン(BTC)を受け取ることができます。
この新規発行されるビットコイン(BTC)の数量は21万ブロック生成されるごとに半減される仕組みとなっており、このイベントのことを「半減期」と呼びます。

なお、マイニングによるブロックの生成は約10分に1回行われるため、半減期は約4年に1回ごとに生じる計算となります。

まとめ

2017年から2020年のビットコイン(BTC)の価格推移、最安値と最高値、出来事を、年別でご紹介しました。

ビットコイン(BTC)の価格は依然として大幅な変動をみせていますので、これから取引を始めてみたいとお考えの方は、まずはGMOコインで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

また、ビットコイン(BTC)以外にも大きな価格変動が発生している暗号資産(仮想通貨)が存在します。
2020年12月16日現在、GMOコインではビットコイン(BTC)以外にも、
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
の取り扱いがありますので、気になる銘柄がありましたら、価格をチェックしてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ戻る

ビットコイン(BTC)の最安値と最高値に関するよくある質問

Q2017年のビットコイン(BTC)の最高値と最安値はいくらですか?
A2017年のビットコイン(BTC)価格は、
・最安値:84,950円(1月に記録)
・最高値:2,332,385円(12月に記録)
です。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q2018年のビットコイン(BTC)の最高値と最安値はいくらですか?
A2018年のビットコイン(BTC)価格は、
・最安値:350,853円(12月に記録)
・最高値:2,000,620円(1月に記録)
です。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q2019年のビットコイン(BTC)の最高値と最安値はいくらですか?
A2019年のビットコイン(BTC)価格は、
・最安値:361,516円(1月)
・最高値:1,473,564 円(6月)
です。
詳しくはこちらをご参照ください。
Q2020年のビットコイン(BTC)の最高値と最安値はいくらですか?
A2020年12月16日時点のビットコイン(BTC)価格は、
・最安値:402,022円(3月)
・最高値:2,121,606円(12月)
です。
詳しくはこちらをご参照ください。
   
ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・暗号資産FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産(仮想通貨)の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・暗号資産(仮想通貨)取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《暗号資産(仮想通貨)に関するリスクについて》
・暗号資産(仮想通貨)は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・暗号資産(仮想通貨)の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。