1. ホーム
  2. 外国為替FX見通し
  3. 円買いの兆しは見えず
NEW

円買いの兆しは見えず

先週の振り返り

・USDJPYは堅調。介入警戒感や弱い米経済指標を意に介さず162円手前まで上昇した。

・英総選挙は予想通りの結果となった。労働党の大勝を受けてポンド買いが強まり、GBPJPYは円独歩安も相俟って13連騰。

・フランス総選挙は事前予想通りにルペン氏率いる国民連合(以降RN)が勝利。ただし過半数獲得とはならなかったため、決選投票が実施される。

・米経済指標はJOLTSこそ予想を上回ったものの、ADP雇用統計やISM非製造業景況感指数、前週分新規失業保険申請件数は予想を下回った。ただ、対円でのドル売りは一時的に留まった。

・パウエルFRB議長はECBフォーラムに出席し「インフレ鈍化の道に戻っている」「予想外の労働市場の軟化は行動のきっかけになり得る」など、ハト派寄りの発言が目立った。

・トランプ氏vsバイデン大統領の第一回TV討論はトランプ氏に軍配。米民主党内ではバイデン大統領に撤退を求める声もあり、ハリス副大統領が新たな候補者となる可能性が浮上した。

今週の見通し

・USDJPYは引き続き円買い介入に警戒も、下げは押し目買いの好機か。米指標が予想を下回ってもドル売り円買いは限定的であり、節目やテクニカル的な水準では打診買いを検討したい。

・フランス総選挙の第一回投票は予想通りルペン氏率いるRNの大勝だが過半数には至らず。決選投票は7/7のため、先週同様に週明けのユーロの乖離には警戒したい。

・7/9,7/10の23時からは半期に一度のパウエルFRB議長による議会証言の実施が予定されている。先週のECBフォーラムではパウエル議長からハト派的発言があっただけに、同様の発言が見られるか注目したい。

・来週の注目は7/11の米6月CPIと7/12の7月ミシガン速報値。前回はどちらも予想を下回ったものの、FRB高官は依然としてインフレ率の高さを懸念している。インフレが持続的に鈍するのかを試すイベントとなりそうだ。

・英総選挙で労働党が14年振りに与党となったことでポンドへの追い風が吹いている。新首相に就任することが確実視されているスターマー氏はマニフェストに経済成長の重視やEUとの関係改善を公約に掲げており、今後のヘッドライン次第ではもう一段高ありそうだ。

7/8追記

フランス総選挙の決選投票は左派連合である新人民戦線(NFP)が事前予想を覆し勝利する見込み。ただし単独過半数を獲得するには至らず、どの政党も単独過半数に届かない状態(ハング・パーラメント)となる見込みから、政策運営が不安視され、週明けのユーロは下窓を空けてオープンした。

今週注目の通貨ペア

「GBPJPY」

・英総選挙は労働党が予想通りに過半数を獲得。英中銀もタカ派的見通しを維持しており、ポンド買いが期待できそうだ。
・米経済指標の予想下振れでも円買いは一時的となっているため、円の弱さが際立っている。
・日足一目転換線付近では買いが強い。押し目買いの目安となりそうだ。


戦略
節目の203.50円下抜けを撤退目処に、日足一目転換線の推移する204.10円で押し目買い。利益確定は7/3高値付近の206.15円をターゲットとする。


今週注目の経済指標

7月8日(月)
08:50 日本 5月国際収支・貿易収支

7月9日(火)
23:00 米国 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

7月10日(水)
10:30 中国 6月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
11:00 NZ ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
23:00 米国 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

7月11日(木)
08:50 日本 5月機械受注(前月比)
08:50 日本 5月機械受注(前年同月比)
15:00 ドイツ 6月消費者物価指数(CPI、改定値)(前月比)
15:00 ドイツ 6月消費者物価指数(CPI、改定値)(前年同月比)
15:00 英国 5月月次国内総生産(GDP)(前月比)
15:00 英国 5月鉱工業生産(前月比)
15:00 英国 5月鉱工業生産(前年同月比)
15:00 英国 5月製造業生産指数(前月比)
21:30 米国 6月消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 米国 6月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
21:30 米国 6月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
21:30 米国 6月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)
21:30 米国 前週分失業保険継続受給者数
21:30 米国 前週分新規失業保険申請件数

7月12日(金)
21:30 米国 6月卸売物価指数(PPI)(前月比)
21:30 米国 6月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)
21:30 米国 6月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)
21:30 米国 6月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前年同月比)
23:00 米国 7月ミシガン大学消費者態度指数・速報値

※本レポートは7/5(金)14:30頃作成したものです。
※取引に係るリスクはこちらをご覧ください。

外国為替FX見通し一覧へ戻る

外国為替FXの口座追加のご案内

外国為替FXをはじめるには、暗号資産口座が必要です。

  • 暗号資産口座 あり
  • 暗号資産口座 なし

口座追加は、4ステップで完了

STEP.01

会員ページまたはアプリにログイン

会員ページまたはアプリにログイン

会員ページまたはアプリにログイン

会員ホーム・アプリ トレーダーモードより申込画面に進む

STEP.02

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の追加申込

STEP.03

マイナンバーの提出

マイナンバーの提出

マイナンバーの提出

マイナンバー確認書類を提出

STEP.04

外国為替FX口座に振替

外国為替FX口座に振替

外国為替FX口座に振替

暗号資産口座から外国為替FX口座への振替

暗号資産デリバティブ取引(取引所レバレッジ・暗号資産FX)をご利用のお客さまでマイナンバーをご提出いただいた場合、再提出は不要です。

法人のお客さまはマイナンバーの提出はございません。

マイナンバーの提出方法については、こちらをご確認ください。

暗号資産口座の開設のご案内

暗号資産口座の開設が完了した後、外国為替FX口座をお申し込みいただけます。

免責条項

  • 本ページにおいてお客さまに提供される情報は、当社が収集・作成等したものです。
  • 当社は、お客さまへの情報提供を目的として本情報を提供するものであり、外国為替FX取引の勧誘を目的とするものではありません。外国為替FX取引等に関する意思決定は、お客さまご自身の判断と責任で行うようお願いいたします。
  • 本情報の著作権は、当社その他の権利者に帰属します。本情報の全部又は一部の販売、転用その他法令等により認められる方法以外での利用は固く禁じられております。
  • 本情報は信頼性の高いデータに基づき作成されておりますが、当社はその完全性、正確性その他の一切の事項を保証いたしません。
  • 本情報に記載された計算値、コメント等は予告なく変更、削除等される場合があります。