1. ホーム
  2. 外国為替FX見通し
  3. 円買い介入前の水準が視野に

円買い介入前の水準が視野に

先週の振り返り

・USDJPYは押し目買いが根強かった。米5月CPIが予想を下回ったことで155円台後半まで下落するも、パウエル議長の定例会見でタカ派姿勢が強まるとドルの買い戻しが強まり157円台前半へ。PPIも予想を下回ったことで初動はドル売りも、下値は固かった。

・米5月CPI、PPIは予想を下回ったことで物価上昇の鈍化が鮮明になった。

・FOMCは予想通り政策金利を据え置いた。ドットチャートは年内1回の利下げを示唆。一方、中立金利、予想インフレ率を上方修正したことでインフレの粘性に警戒感を示した。

・パウエル議長の定例会見ではインフレ鈍化が想定よりも進んでおらず、利下げには更なるデータになることを強調。タカ派的なスタンスを強めたことでドル買いが強まった。

・前週分新規失業保険申請件数は引き続き高水準だが、ドル売りは限定的。

・フランスとドイツの与党が欧州議会選挙で敗北を喫したことでユーロ売りが強まった。これを受けてフランスのマクロン大統領は下院を解散し、総選挙を実施すると表明。極右政党の支持拡大から政治的不透明感が強まった。

・日銀は予想通り政策金利を据え置いた。声明では国債買い入れ減額を決定。次回会合で今後1-2年程度の具体的な減額計画を策定する。ただ、事前の報道でリークされていたこともありUSDJPYは事実買いで反応。


今週の見通し

・USDJPYは押し目買いが根強い。4/29の円買い介入前の水準である160.16円が視野に。再度の介入はハードルが上がっているため、本邦当局の苦難は続きそうだ。

・先週の定例会見でパウエル議長は「ほとんどの政策担当者は見通しを更新していない」と発言していた。通常、ドットチャートはFOMC直前の金曜日に予測値が提出されるため、今回のドットチャートは予想を下回った米CPIの結果が反映されていない。タカ派と解釈するのは早計か。CPIとPPIの解釈をFRB高官の発言イベントから探りたい。

・最注目は6/18の米5月小売売上高。6/7発表の米雇用統計では平均時給が過去最高を更新しており、賃金上昇が個人消費に好影響をもたらすか注目。

・欧州政局は不透明感が嫌気されそうだ。7月上旬に英・仏の総選挙を控え、どちらも与党が苦戦を強いられている。ヘッドライン次第ではあるものの、ユーロポンドは下落しているため、ユーロ売りの方に妙味がありそうだ。

・6/19は英5月CPI、6/20は英中銀政策金利発表と英国関連で重要指標が続く。前回会合で6月利下げの可能性は低下し、今回は据え置き予想であるものの、6/11発表の英雇用統計では失業率、賃金上昇率はともに予想を下回った。前回は据え置き7票と利下げ2票であったため、前日のCPI次第では投票配分の拮抗が予想される。

今週注目の通貨ペア

「EURJPY」

・政治的不透明感からユーロ売りが強まっている。
・168.40円〜170.00円でのレンジが続いている。
・170円台は滞空時間が短く、売りが強まりそうだ。

戦略
6/6高値を上抜ける170.35円を撤退目処に、節目の170.00円に引きつけて戻り売り。ターゲットはレンジ下限の168.40円に設定。


今週注目の経済指標

6月17日(月)
08:50 日本  4月機械受注(前月比)
08:50 日本  4月機械受注(前年同月比)
11:00 中国  5月鉱工業生産(前年同月比)
11:00 中国  5月小売売上高(前年同月比)
21:30 米国  6月ニューヨーク連銀製造業景気指数

6月18日(火)
13:30 豪州  豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
18:00 ドイツ 6月ZEW景況感調査(期待指数)
18:00 ユーロ  5月消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)
18:00 ユーロ  5月消費者物価指数(HICPコア指数、改定値)(前年同月比)
18:00 ユーロ  6月ZEW景況感調査
21:30 米国  5月小売売上高(除自動車)(前月比)
21:30 米国  5月小売売上高(前月比)
22:15 米国  5月鉱工業生産(前月比)
05:00 米国  4月対米証券投資
05:00 米国  4月対米証券投資(短期債除く)

6月19日(水)
08:50 日本  5月貿易統計(通関ベース、季調済)
08:50 日本  5月貿易統計(通関ベース、季調前)
08:50 日本  日銀・金融政策決定会合議事要旨
15:00 英国  5月消費者物価指数(CPI)(前月比)
15:00 英国  5月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
15:00 英国  5月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)
23:00 米国  6月NAHB住宅市場指数


6月20日(木)
16:30 スイス  スイス国立銀行(SNB)金利発表
20:00 英国  イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
20:00 英国  英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 米国  1-3月期四半期経常収支
21:30 米国  5月建設許可件数(前月比)
21:30 米国  5月建設許可件数(年率換算件数)
21:30 米国  5月住宅着工件数(前月比)
21:30 米国  5月住宅着工件数(年率換算件数)
21:30 米国  6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
21:30 米国  前週分失業保険継続受給者数
21:30 米国  前週分新規失業保険申請件数
23:00 ユーロ  6月消費者信頼感(速報値)

6月21日(金)
08:30 日本  5月全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 日本  5月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く)(前年同月比)
08:30 日本  5月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
15:00 英国  5月小売売上高(除自動車)(前月比)
15:00 英国  5月小売売上高(除自動車)(前年同月比)
15:00 英国  5月小売売上高(前月比)
15:00 英国  5月小売売上高(前年同月比)
16:30 ドイツ  6月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
16:30 ドイツ  6月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:30 英国  6月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
17:30 英国  6月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
21:30 カナダ  4月小売売上高(除自動車)(前月比)
21:30 カナダ  4月小売売上高(前月比)
22:45 米国  6月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
22:45 米国  6月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
22:45 米国  6月総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)
23:00 米国  5月景気先行指標総合指数(前月比)
23:00 米国  5月中古住宅販売件数(前月比)
23:00 米国  5月中古住宅販売件数(年率換算件数)

※本レポートは6/14(金)14:30頃作成したものです。
※取引に係るリスクはこちらをご覧ください。

外国為替FX見通し一覧へ戻る

外国為替FXの口座追加のご案内

外国為替FXをはじめるには、暗号資産口座が必要です。

  • 暗号資産口座 あり
  • 暗号資産口座 なし

口座追加は、4ステップで完了

STEP.01

会員ページまたはアプリにログイン

会員ページまたはアプリにログイン

会員ページまたはアプリにログイン

会員ホーム・アプリ トレーダーモードより申込画面に進む

STEP.02

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の追加申込

STEP.03

マイナンバーの提出

マイナンバーの提出

マイナンバーの提出

マイナンバー確認書類を提出

STEP.04

外国為替FX口座に振替

外国為替FX口座に振替

外国為替FX口座に振替

暗号資産口座から外国為替FX口座への振替

暗号資産デリバティブ取引(取引所レバレッジ・暗号資産FX)をご利用のお客さまでマイナンバーをご提出いただいた場合、再提出は不要です。

法人のお客さまはマイナンバーの提出はございません。

マイナンバーの提出方法については、こちらをご確認ください。

暗号資産口座の開設のご案内

暗号資産口座の開設が完了した後、外国為替FX口座をお申し込みいただけます。

免責条項

  • 本ページにおいてお客さまに提供される情報は、当社が収集・作成等したものです。
  • 当社は、お客さまへの情報提供を目的として本情報を提供するものであり、外国為替FX取引の勧誘を目的とするものではありません。外国為替FX取引等に関する意思決定は、お客さまご自身の判断と責任で行うようお願いいたします。
  • 本情報の著作権は、当社その他の権利者に帰属します。本情報の全部又は一部の販売、転用その他法令等により認められる方法以外での利用は固く禁じられております。
  • 本情報は信頼性の高いデータに基づき作成されておりますが、当社はその完全性、正確性その他の一切の事項を保証いたしません。
  • 本情報に記載された計算値、コメント等は予告なく変更、削除等される場合があります。