1. ホーム
  2. 外国為替FX見通し
  3. ゼロ金利はすぐそこに

ゼロ金利はすぐそこに

先週の振り返り

  • USD/JPYはマイナス金利解除への思惑から146円台まで下落した。
  • 週明けこそ日経平均が節目の4万円を突破したことでUSD/JPYも連れ高も150.50円台を高値に反落した。
  • マイナス金利解除の思惑から報道関係者によるヘッドライン合戦が加熱。円買いが強まった。
  • 米ADP雇用統計(※1)、JOLTS求人件数(※2)など米雇用関連指標は予想を下回りドル売りが強まった。
  • パウエルFRB議長の議会証言では年内利下げの可能性が繰り返された。
  • 欧州中銀(ECB)も同様に政策金利を据え置き、4.50%とした。
  • ECBの声明ではインフレ見通しが下方修正され、ラガルド総裁の会見では最初の利下げが6月になると示唆された。

米ADP雇用統計(※1):米国の給与計算代行業者大手のADP社が発表する雇用者数変化の統計値。政府統計の2日前に発表されるため、米雇用統計の先行指標とされる。
米JOLTS求人件数(※2):米国の非農業部門における新規求人件数を示す統計値。企業の雇用需要や賃金動向、景気判断など、複数の項目で構成される。

3/11(月)追記

3/8(金)に発表された米2月雇用統計は非農業部門雇用者数こそ予想を上回ったものの、失業率や平均時給は予想よりも弱い結果となったことでドル売りが強まりUSD/JPYは146円台半ばまで下落。もっとも、欧州時間に日銀のマイナス金利解除観測の高まりから円買いが強まったことでNY時間の下押しは限定的に留まった。

今週の見通し

  • 円長期金利は上昇し0.70%台へ定着。年初来高値に迫っており、高値更新となるか。
  • 3/4週は一部報道で3月マイナス金利解除論が台頭。18-19日に会合を控え、引き続きヘッドラインを注視したい。
  • マイナス金利解除については「3月か4月か」「YCC(※3)も同時に撤廃か」「賃上げ動向」が主な焦点となりそうだ。
  • 3/12(火)は米2月CPIが発表予定。前月分は予想を上振れており、インフレの粘性に警戒。
  • ECB最初の利下げは6月予想が優勢。2/25週のドイツ2月CPI(速報値)は予想を下回っており、3/7(木)のラガルド総裁の会見では利下げの前倒しを示唆するか注目したい。
  • 米系指標はPPI、米小売、ミシガン速報値など重要指標が続く。
  • 3/7にラガルドECB総裁は「来週、政策運用の新たな枠組みを発表する」と表明している。発表は3/13を予定。
  • 3/11週より米国は夏時間が適用されるため、経済指標の発表が一時間前倒しとなる。

YCC(※3):イールドカーブ・コントロールの略称で、円長期金利を特定の水準で推移させるため、日銀が国債を買い入れ、長短金利をコントロールする金融政策。

今週注目の通貨ペア

「USD/JPY」

  • 日銀のマイナス金利解除の確度が徐々に高まっている。
  • 対欧州通貨でもドル安基調にあり、持続性が試されそうだ。
  • 日足RSI(14)は40前後とまだ下落余地はありそうだ。


戦略
節目の150.00円上抜けを撤退目処に年初来高値と3月安値の38.2%戻しの水準となる148.75円付近で成行売り。利益確定は147.55円付近をターゲットとする。


今週注目の経済指標

3/11(月)
08:50 日本 10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比)
08:50 日本 10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(年率換算)

3/12(火)
16:00 ドイツ 2月消費者物価指数(CPI、改定値)(前月比)
16:00 ドイツ 2月消費者物価指数(CPI、改定値)(前年同月比)
16:00 英国 1月失業率(ILO方式)
16:00 英国 2月失業保険申請件数
16:00 英国 2月失業率
21:30 米国 2月消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 米国 2月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
21:30 米国 2月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
21:30 米国 2月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)
03:00 米国 2月月次財政収支

3/13(水)
16:00 英国 1月月次国内総生産(GDP)(前月比)
16:00 英国 1月鉱工業生産(前月比)
16:00 英国 1月鉱工業生産(前年同月比)
16:00 英国 1月製造業生産指数(前月比)
19:00 ユーロ 1月鉱工業生産(前月比)
19:00 ユーロ 1月鉱工業生産(前年同月比)

3/14(木)
21:30 米国 2月卸売物価指数(PPI)(前月比)
21:30 米国 2月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)
21:30 米国 2月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)
21:30 米国 2月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前年同月比)
21:30 米国 2月小売売上高(除自動車)(前月比)
21:30 米国 2月小売売上高(前月比)
21:30 米国 前週分失業保険継続受給者数
21:30 米国 前週分新規失業保険申請件数

3/15(金)
21:30 米国 3月ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:15 米国 2月鉱工業生産(前月比)
23:00 米国 3月ミシガン大学消費者態度指数・速報値

※本レポートは3/1 14:30頃作成したものです。
※取引に係るリスクはこちらをご覧ください。

外国為替FX見通し一覧へ戻る

外国為替FXの口座追加のご案内

外国為替FXをはじめるには、暗号資産口座が必要です。

  • 暗号資産口座 あり
  • 暗号資産口座 なし

口座追加は、4ステップで完了

STEP.01

会員ページまたはアプリにログイン

会員ページまたはアプリにログイン

会員ページまたはアプリにログイン

会員ホーム・アプリ トレーダーモードより申込画面に進む

STEP.02

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の申込

外国為替FX口座の追加申込

STEP.03

マイナンバーの提出

マイナンバーの提出

マイナンバーの提出

マイナンバー確認書類を提出

STEP.04

外国為替FX口座に振替

外国為替FX口座に振替

外国為替FX口座に振替

暗号資産口座から外国為替FX口座への振替

暗号資産デリバティブ取引(取引所レバレッジ・暗号資産FX)をご利用のお客さまでマイナンバーをご提出いただいた場合、再提出は不要です。

法人のお客さまはマイナンバーの提出はございません。

マイナンバーの提出方法については、こちらをご確認ください。

暗号資産口座の開設のご案内

暗号資産口座の開設が完了した後、外国為替FX口座をお申し込みいただけます。

免責条項

  • 本ページにおいてお客さまに提供される情報は、当社が収集・作成等したものです。
  • 当社は、お客さまへの情報提供を目的として本情報を提供するものであり、外国為替FX取引の勧誘を目的とするものではありません。外国為替FX取引等に関する意思決定は、お客さまご自身の判断と責任で行うようお願いいたします。
  • 本情報の著作権は、当社その他の権利者に帰属します。本情報の全部又は一部の販売、転用その他法令等により認められる方法以外での利用は固く禁じられております。
  • 本情報は信頼性の高いデータに基づき作成されておりますが、当社はその完全性、正確性その他の一切の事項を保証いたしません。
  • 本情報に記載された計算値、コメント等は予告なく変更、削除等される場合があります。