ニュース

2017年〜2019年の販売所におけるお客さまのお取引動向をご紹介

お知らせ 2020/03/06

いつもGMOコインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

GMOコインがサービス提供を開始した2017年から2019年までの3年間を振り返り、当社お客さまの販売所におけるお取引動向について、年別、月別、それぞれご紹介させていただきます。 

 

販売所における年別の取引金額の内訳(※)

 

 

2017年〜2019年の販売所における年別の取引金額は、ビットコイン(BTC)が2017年、2019年において最多となり、2018年はリップル(XRP)が最も多く取引されました。

また、ビットコイン(BTC)とアルトコインの販売所における取引金額を比較すると、2017年と2018年はアルトコインが多く取引されていますが、2019年はビットコイン(BTC)が多く取引されるという結果となりました。

(※)販売所における各銘柄の取り扱い開始日は以下の通り

 ・ビットコイン(BTC):2017年5月31日
 ・イーサリアム(ETH):2017年9月27日
 ・ビットコインキャッシュ(BCH):2017年9月27日
 ・ライトコイン(LTC):2017年10月25日
 ・リップル(XRP):2017年11月29日
 ・ネム(XEM):2019年12月4日
 ・ステラルーメン(XLM):2019年12月4日 

  

販売所における月別の取引金額の内訳

 

2017年(6月〜12月)

2017年の販売所における月別の取引金額は、11月のみビットコインキャッシュ(BCH)の取引金額が最多(49%)となり、それ以外のすべての月でビットコイン(BTC)が最多となりました。

 

 

GMOコインは2017年5月31日より正式サービスの提供を開始し、ビットコイン(BTC)をお取引いただけるようになりました。また、2017年はアルトコイン4銘柄の取り扱いを開始しました。

 

2018年

2018年の販売所における取引金額は、リップル(XPR)が43%を占めて最多となりました。

2018年の販売所における取引金額の内訳を月別にご紹介します。

 

 

2018年上半期(1月〜6月)の販売所における月別の取引金額は、6月のみビットコイン(BTC)の取引金額が最多(44%)となり、それ以外のすべての月でリップル(XRP)が最多となりました。

また、1月の販売所における取引金額は、イーサリアム(ETH)がビットコイン(BTC)を上回り、リップル(XRP)に次いで2位となりました(XRP 54%、ETH 18%、BTC 16%)。

 

 

2018年下半期(7月〜12月)の販売所における月別の取引金額は、11月のみリップル(XRP)の取引金額が最多(46%)となり、それ以外のすべての月でビットコイン(BTC)が最多となりました。

 

2019年

2019年の販売所における取引金額は、ビットコイン(BTC)が69%を占めて最多となりました。

2019年の販売所における取引金額の内訳を月別でご紹介します。

 

 

2019年上半期(1月〜6月)の販売所における月別の取引金額は、ビットコイン(BTC)が全ての月で最多となりました。

 

 

2019年下半期(7月〜12月)の販売所における月別の取引金額は、ビットコイン(BTC)が全ての月で70%以上を占めて最多という結果となりました。  

  

これからもお客さまに使いやすいと感じていただけるサービスの提供に向けて、開発・改善を続けてまいります。

今後ともGMOコインをよろしくお願い申し上げます。 

※本記事における取引金額にはスプレッドを含みます。
※各銘柄の価格、およびスプレッドは取引ごとに異なります。

ニュース一覧へ戻る

ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・仮想通貨FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な仮想通貨の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・仮想通貨取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《仮想通貨に関するリスクについて》
・仮想通貨は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・仮想通貨取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する仮想通貨を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・仮想通貨は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・仮想通貨の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理しておりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。