ニュース

GMOクリックホールディングス株式会社を引受先とする第三者割当増資実施のお知らせ

プレスリリース 2017/09/20

GMOインターネットグループのGMOコイン株式会社(以下、GMOコイン)は、本日、GMOクリックホールディングス株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施し、同社の連結子会社となることを決議いたしましたのでお知らせいたします。

■第三者割当増資実施の目的

GMOクリックホールディングスグループは、「金融サービスをもっとリーズナブルに もっと楽しく自由に」の企業理念のもと、インターネットを活用した証券取引やFX取引などを提供するインターネット金融事業を展開しています。「誰もが、いつでも、どこでも、あらゆる金融関連商品・サービスを便利に取引できる世界」の実現を目指し、近年においては、2016年7月のあおぞら銀行グループとGMOインターネットグループで進める新ネット銀行プロジェクトへの資本参加や2016年10月のGMOコイン設立時に35%出資するなど、従来の事業に加えて、新しい金融領域での取り組みを積極的に進めています。

非中央集権的な価値交換手段として注目を集める、ビットコインなどの仮想通貨は、支払・決済手段、送金手段としての導入が進められるとともに、投資対象としての需要も急速に拡大しつつあります。ビットコインの時価総額は、年初から9月上旬までの間に約5倍にまで上昇(※)し、その取引数量も急増しています。仮想通貨は、法規制等の整備とともに、今後もその流通量が増加し、大きな成長が見込める分野であると考えています。仮想通貨業界の黎明期であるこの時期に、GMOクリックホールディングスグループとの連携をより強化し、これまでグループ内で培われてきたノウハウ・技術の提供をGMOコインの事業に活かすことで、より利便性の高いサービスを実現し、仮想通貨という新しい業界の健全な発展に貢献してまいります。

(※)coinmarketcap調べ。

■GMOコインについて

GMOコインは、改正資金決済法が公布され、国内の事業環境が整備されたことを受けて、2016年10月に設立され、2017年5月31日より、仮想通貨(ビットコイン)の購入・売却サービスやレバレッジ取引サービスを本格的に提供しています。本格的なサービスの提供から約3カ月半の9月現在までに、取引高は1日300億円を超える日もあるなど拡大し、顧客数や預り資産も順調に伸びています。

― GMOコインの特長1:相対取引ならではの取引環境の提供
GMOコインのサービスは、仮想通貨取引所ではありません。お客様とGMOコインの相対でのお取引となるため、取引所でビットコインの売買を行うときのように、板に表示されている最良気配より不利な価格で約定してしまうということがなく、提示されている価格でのビットコインの売買が可能です(※)。
また、買いたいときに買いたい価格で買える、売りたいときに売りたい価格で売れるという流動性を確保し、お客様の投資機会を最大限に活かす取引環境を提供するとともに、損切りする場合においても損失を最小限に抑えることが可能となり、お客様のリスク管理の一助となります。
(※)但し、レバレッジ取引の場合は、価格変動時に成行注文等を発注すると、提示された価格と約定した価格との間に差異(スリッページ)が発生することがあります。また、GMOコインが提示するビットコインの価格は売付けと買付けの価格とが異なっています。

― GMOコインの特長2:使いやすさ・利便性・安心を実現
GMOコインの提供するサービスは、お客様の使いやすさ、利便性並びに安心にこだわっています。
 ・24時間/365日、土日祝日も取引が可能
 ・数十円からの小額取引が可能
 ・PC/スマートフォンでのお取引に完全対応
 ・仮想通貨FXに特化したスマホアプリ対応
 ・ほぼ全ての入出金/お取引手数料が無料
 ・電話やチャットでの充実したサポート体制
 ・口座お申込後、最短で翌日からのお取引が可能
 ・分別管理や仮想通貨の盗難対策の実施

■今後の展開

(1)取扱通貨の拡充・サービスの拡充
GMOコインは、2017年内に、取引量拡大が注目されているイーサリアムを含むアルトコイン5通貨の仮想通貨購入・売却サービスを順次開始する予定です。また、年内にアルトコインのレバレッジ取引サービスの提供開始を予定している他、取引ツールの拡充や決済サービスなどを導入し、より多くのお客様に使っていただける利便性の高いサービスを実現してまいります。

【今後の取扱開始予定】

9月下旬
  • イーサリアム(ETH)/ ビットコインキャッシュ(BCH)
10月
  • ライトコイン(LTC)/ イーサリアムクラシック(ETC)
11月
リップル(XRP)

(2)仮想通貨取引の流動性の確保
当社の親会社であるGMOインターネット株式会社は、仮想通貨の採掘(ビットコインマイニング)事業への参入を9月7日に決定し、2018年上半期より次世代マイニングセンターの運営を開始することを予定しています。その後の展開として、GMOコインは、同事業によってマイニングされた仮想通貨の供給を受ける予定です。これにより、GMOコインは、ビットコインを始めとする仮想通貨を低コストで調達することが可能となり、それをお客様に還元することで、より低コストで使いやすいサービスの提供へとつなげてまいります。

【GMOコイン株式会社】(URL:https://coin.z.com/jp/)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOコイン株式会社
所在地  東京都渋谷区桜丘町20番1号 インフォスタワー
代表者  代表取締役社長 若松 剛史
事業内容 仮想通貨の交換・取引サービスの提供
資本金  7.5億円(準備金含む)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※記載されている会社名・製品名は、 各社の商標、もしくは登録商標です。

Copyright (C) 2017 GMO Coin, Inc. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

ニュース一覧へ戻る

ページTOPに戻る

《取引にあたっての注意事項》
・取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、こちらをご確認ください。
・取引ではスプレッドが発生します。スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。
・仮想通貨FXを含むレバレッジ取引にあたっては、証拠金を預託いただく必要があります。必要な証拠金額や計算方法、証拠金率その他証拠金の詳細は、こちらをご確認ください。
・証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な仮想通貨の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
・仮想通貨取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

《仮想通貨に関するリスクについて》
・仮想通貨は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
・仮想通貨取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する仮想通貨を利用することができず、その価値を失うことがあります。
・仮想通貨は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。
・仮想通貨の価格が変動することによって損失が発生することがあります。
・当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。