ビットコインの取引で重要な役割を担っているのが、ビットコインの口座番号とも呼ばれる「ビットコインアドレス」です。ビットコインアドレスの構造はとても複雑で、ブロックチェーン技術で固く守られています。しかし、安全にビットコインの取引をするためには、ビットコインアドレスの仕組みを正しく理解しておくことも必要です。そこで今回はビットコインアドレスについて、その仕組みからビットコインの送付時の注意点など、ビットコインの取引をする際に知っておかなければならないポイントをご紹介します。

ビットコインアドレスとは

ビットコインアドレスは、ビットコインの取引をする際に受け渡しをする「口座番号」のようなものです。銀行で送付するときは相手の預金口座番号を指定しますが、それと同じように、ビットコインを送付するときは相手のビットコインアドレスを指定します。
また、ブロックチェーン上で取引の履歴を調査する際、ビットコインアドレスから詳細をたどることができます。

ビットコインアドレスの仕組み

一般的なビットコインアドレスは27文字から34文字の英数字を組み合わせたもので、一般的なIDなどと違って判読が困難な文字列でできています。これは、自分しか知らない「秘密鍵」から生成した「公開鍵」に一方向の暗号学的ハッシュ化を施すことで生成されているためです。

秘密鍵とは

  • ・秘密鍵とは自分だけが知っている鍵のことで、ビットコインアドレスと秘密鍵の関係は、「預金口座と暗証番号」や「小切手と署名」のような関係に似ています。
  • ・ビットコインではそれぞれの取引データを「トランザクション」と呼びますが、ビットコインを支払うときに秘密鍵による署名が必要になります。そのため、秘密鍵を第三者に知られてしまうと、自分のビットコインアドレスで管理しているビットコインが不正に引き出されてしまう可能性があります。預金口座の暗証番号と同様に、秘密鍵は大切に保管しておかなければなりません。

公開鍵とは

  • ・公開鍵は、鍵ペアのうち他者に公開しても良い鍵のことで、ビットコインを受け取るときに必要です。

ビットコインアドレスの種類

一般的なビットコインアドレスは「1」や「3」から始まりますが、そのほかにもいくつか種類があります。ビットコインの取引をする前に、その違いを理解しておきましょう。

  • ・「1」から始まるアドレス
    ビットコインアドレスからビットコインを取り出す際、秘密鍵による署名が一つ必要なアドレスです。
  • ・「3」から始まるアドレス
    ビットコインアドレスからビットコインを取り出す際、秘密鍵による署名が複数必要なアドレスです。一つの秘密鍵が漏えいしても別の秘密鍵がないとビットコインにアクセスできないため、セキュリティが高くなります。
  • ・「bc1」から始まるアドレス
    トランザクション(取引履歴)を圧縮して、データ量を小さくする技術「Segwit」に対応したウォレットで作成されたビットコインアドレスです。「bc1」で始まるアドレス宛ビットコインを送付する場合、送る側は「Segwit」に対応したアドレスから送らなければなりません。
  • ・「m」「n」から始まるアドレス
    ビットコインを開発するための環境「テストネット」で作成されたビットコインアドレスです。テストネット上のビットコインは価値を持ちません。

ビットコインアドレスを守るブロックチェーン技術

ブロックチェーン上には、「どのビットコインアドレスに、いくらのビットコインが送付された」といった詳細なトランザクション(取引履歴)が記録され、世界中の人が見ることができます。そのため、ブロックチェーン上のビットコインアドレスをたどれば、取引履歴が誰でも確認できる仕組みになっています。

一方、ブロックチェーン上で取引履歴は確認できても、個々のビットコインアドレスが誰のものなのかは判別できません。これがビットコインでの取引が匿名性をもっていると表現されるゆえんです。

こうした高度に暗号化されたブロックチェーン技術によって、ビットコインアドレスの高い秘匿性が保たれています。

ビットコインアドレスの特徴

ビットコインアドレスの取得方法と取得場所

ビットコインアドレスは、仮想通貨取引所や販売所が提供するウォレット、スマートフォンでアプリをダウンロードすると使えるウォレットサービス、USBのような専用端末で管理するハードウェアウォレットなどから取得できます。

これからビットコインの取引を始める人におすすめなのは、仮想通貨取引所や販売所に口座を開設してビットコインアドレスを取得する方法です。スマートフォンやパソコンの案内画面から、提供されたウォレットを通して簡単に取得できます。

ビットコインの取引が増えてくると、保管用のウォレットや買い物用のウォレットなど保管先が増えてきます。その際は、それぞれのウォレットサービスを通して、ビットコインアドレスが取得できます。

このように、ビットコインアドレスは複数所有でき、目的に合わせて使い分けることが可能です。

ビットコインアドレス取得の流れ

ビットコインアドレスが生成されるまでの流れを見ていきましょう。

まず、乱数生成器によって、秘密鍵の原型になる乱数が生成されます。乱数から秘密鍵が生成されると、その秘密鍵を使って公開鍵が生成されます。そして、生成された公開鍵から、ビットコインアドレスが生成されます。

こうした一連の作業はウォレットが自動的に行い、ビットコインアドレスと秘密鍵・公開鍵は入金のたびに新しく作られ、ウォレットに次々と保存されていきます。そして、ビットコインを利用するときには、保存されているビットコインアドレスから紐づけられた秘密鍵を使って取り出していきます。

ビットコインアドレスの使い方

ビットコインアドレスの使い方と流れ・注意点

ビットコインを受け取るときや送るときに使われるのが、ビットコインアドレスです。それぞれの使い方と流れを見てみましょう。

ビットコインを受け取る場合

ビットコインアドレスをメールなどで相手に伝え、送付してもらえばビットコインを受け取れます。スマートフォン等なら、QRコードを使って送付してもらうこともできます。

ビットコインアドレスやQRコードは、受け取りたいウォレットサービスの「入出金」アイコンをクリックするなど、所定の操作をすると取得できます。ただし、ビットコインを間違えたアドレスに送付し、その取引が承認されるとキャンセルできません。くれぐれも、間違えたビットコインアドレスを相手に伝えないように注意しましょう。

また、ビットコインアドレスの秘密鍵の管理にも注意が必要です。アドレスにビットコインが送られてきても、秘密鍵がないとビットコインアドレスからビットコインを取り出せません。そのため、秘密鍵をうっかり消去してしまうと、そのビットコインが使えなくなります。また、秘密鍵がハッキングなどによって第三者に知られてしまうと、気づかないうちにビットコインが盗まれてしまうこともあります。受け取ったビットコインを保管する場合には、秘密鍵の管理を徹底することが大切です。

ビットコインを送る場合

ビットコインを送る場合、使っているウォレットの送付機能を使いますが、このときに使うのは相手から伝えられたビットコインアドレスです。

操作方法はウォレットサービスによってそれぞれ違いますが、「送付」などのアイコンをクリックすれば、送り先のビットコインアドレスの入力欄が出てきます。そこに教えてもらったビットコインアドレスを入力しましょう。このときも、入力の間違いを防ぐため、ビットコインアドレスをコピーして貼り付ける機能を使うとよいでしょう。

ビットコインアドレスの注意点

ビットコインアドレスは毎回変わる?

自分のウォレットへビットコインを移動させるとき、以前に使ったアドレスと違うことに気づいた方がいらっしゃるかもしれません。中には、ビットコインを受け取るたびに新しいアドレスを自動で生成するウォレットもあるため、わずらわしさを感じているかもしれません。

しかし、以下のような観点からビットコインは取引ごとにビットコインアドレスを変えたほうがいい場合もあります。

ユーザーのプライバシーを守るため

ブロックチェーン技術では、個々のトランザクション(取引履歴)が広く公開されており、ビットコインアドレスが分かればオンライン上で取引履歴を簡単に検索できます。そして、ビットコインアドレスに紐づけられた履歴から、ビットコインの取引件数や受信回数、取引相手などの情報を入手し、それらをもとに特定の人が保有するビットコインの量をある程度調べることができてしまいます。

一方、ビットコインアドレスを頻繁に変えていると、公開されている情報からビットコインの保有量を調べるには、全てのビットコインアドレスを検索しなければなりません。そのため、特定の人が保有するビットコインの量を推測することは、とても困難になります。

このように、自分の個人情報を守るためには、ビットコインアドレスの長期使用は避け、取引ごとにビットコインアドレスを変えることが大切です。

ハッキングのターゲットになるリスクを回避するため

大量のビットコインを取引したビットコインアドレスや、長期間にわたって取引を繰り返しているビットコインアドレスは、大量のビットコインを保有している可能性があるため、ハッカーに狙われやすくなります。

ブロックチェーンのセキュリティは強固ですが、ハッキングのリスクはゼロではありません。ハッカーに狙われるリスクを回避するためにも、ビットコインアドレスは取引ごとに変えるのが理想的です。

間違ったアドレスに送付したら返ってこない可能性がある?

ビットコインを送付する際、最も気を付けなければならないのがビットコインアドレスの入力間違いです。

銀行預金の場合、口座番号を間違えてお金を振り込んでも、手続きをすれば自分の手元に戻すことができます。しかし、ビットコインは管理者が不在のため、アドレスを間違えてビットコインを送付すると、戻ってこない可能性が高いです。これからビットコインの取り扱いを始めようとお考えの方は、誤送付のリスクを正しく認識しておきましょう。

ビットコインの誤送付で想定される具体的なケースは、次の二つです。

1 送付が実際に行われていない場合

ビットコインアドレスの入力を間違えても、そのアドレスが存在しなければ、無効なアドレスへの送付として「送付不可」となり、ビットコインが戻ってきます。

2 送付が実際に行われている場合

間違えて入力したビットコインアドレスが実在するケースや、別の人のビットコインアドレスを入力したケースはビットコインの取引が成立してしまいます。
このとき、送付先が同じ取引所であれば、取引所に連絡をするとアドレスから個人を特定し、間違って入金したビットコインを取り戻してくれる場合があります。しかし、それ以外のアドレスは個人を特定するのが非常に困難なため、取引が成立すると取り戻すのはほぼ不可能です。

誤送付を防ぐには、パソコンのコピー機能を使ってビットコインアドレスを入力する方法や、QRコードの読み取りができる端末を使う方法が有効です。しかし、稀ではありますが、パソコンがマルウェアに感染し、ビットコインアドレスをコピー&ペーストする際に、別のアドレスに書き換えられてしまったという例もあります。送付を実行する前に、正確なビットコインアドレスが入力されているのか目視でチェックすることも大切です。

まとめ

ビットコインアドレスの仕組みや使い方、秘密鍵や公開鍵が担っている役割など、ビットコインを取引するために知っておきたいポイントについてご紹介しました。ビットコインの技術基盤となっているブロックチェーン技術はとても強固ですが、完璧ではありません。今回ご紹介した内容を参考にして、ビットコインの取引を安全に進めていきましょう。