GMOコイン株式会社

知っトク!
お役立ち仮想通貨講座

今なら何を買う?サクッと分かるアルトコイン4種 -- 知っトク!お役立ち仮想通貨講座

今なら何を買う?サクッと分かるアルトコイン4種

2017年11月30日(木)

2017年は本当に仮想通貨市場にとって「当たり年」といえそうだ。主軸仮想通貨であるビットコインをはじめとして、その他多くのアルトコインもまたその価値を増大させてきている。そこで、今回は仮想通貨市場を賑わす多種多様なアルトコインの中から注目されている4通貨をまずご紹介したいと思う。

アルトコインとは?

2016/11〜2017/11 主要仮想通貨市場シェア(CoinMarketCapより)
2016/11〜2017/11 主要仮想通貨市場シェア(CoinMarketCapより)

アルトコイン(Altcoin, alternative coinの略)とはビットコイン以外の暗号通貨の総称で全世界に現在1,000種類以上存在する。多くのものはビットコインのプログラムをもとに作られており、ビットコイン同様の特性を持つものも多い。

アルトコインの取引量は2017年3月以降大きく伸びており、2017年6月などはイーサリアムというアルトコインが一時ビットコインに切迫する33.2%(同月のビットコインのシェアは一時39%台まで相対的に下落した。)までその市場シェアを伸ばした。 技術が進歩していく中で、それらを組み込んだアルトコインのプレゼンスは市場で高まりつつある。

そこで、アルトコインの中で特に人気の高い4通貨についてご紹介していきたいと思う。

人気アルトコイン4種

誕生 時価総額 価格(※)
イーサリアム
ETH
2014年 2位 52,485円
ビットコインキャッシュ
BCH
2017年 3位 188,586円
ライトコイン
LTC
2011年 6位 9,679円
リップル
XRP
2004年 4位 31円

※2017年11月執筆時点、GMOコイン仮想通貨現物売買より

イーサリアムイーサリアム(ETH)

最大の特徴は「スマートコントラクト」(Smart Contract)と呼ばれる技術にある。これは端的にはブロックチェーン上で実行された契約内容が改ざんされていないことを保証し、プログラム的に合意が実行される仕組みを指す。

これにより、これまで複数のシステムと決済機関の連携を要していたビジネスをより簡単かつ、きめ細かく実現することが可能となる。

例えば、作曲家が自分の楽曲をインターネット上で決められた金額で販売したい場合などに活用することが可能だ。そのプラットフォーム上でしか視聴できないプログラムにしておくことで、視聴回数ごとに1曲いくら、といった視聴契約を実施することも、期間ごとの視聴権を付与することも可能となる。こうした幅広いビジネスへの転用が期待されるアルトコインだ。

こうした側面を考慮すると、このアルトコインを売買する際は「イーサリアム技術のリアルビジネスへの転用」に関連したニュースにはアンテナを立てておきたい。特に、その技術特性からIoT事業や金融または不動産事業への転用は強く期待されている背景があるため、これらの事業分野で新たな取り組みや事業提携が実現すると大幅な価値増大が見込まれる可能性がある。また、最近市場を賑わせているICO(Initial Coin Offering)に際しても利用される可能性が高いプラットフォームと考えられるため、それらのニュースにも気を配りたいところだ。

ビットコインキャッシュビットコインキャッシュ(BCH)

「ビットコインクローン」と呼ばれ、今年の8月にビットコインから分裂したものである。
ハードフォークにより、ビットコインのブロックサイズを8MBまでに引き上げたもので、ハードフォーク直後は市場が混乱し、マイナーの支持もあまり得られなかった。しかし、多くの仮想通貨投資家が待ち望んでいた「ブロックサイズの増大」が実現され、本家ビットコインのスケーラビリティ問題がまだまだ根本的な解決が為されていない現状において、名称的にもいかにもビットコインの後継的な立ち位置にあるこのBCHは投資家視点からは非常に大きな魅力を感じる。

このアルトコインを売買する際に意識したいポイントは2点だ。ひとつには「ビットコインとの覇権争いの行方」だ。実際に2017年11月前半には『2018年6月までにBCHが正式なビットコインとなる』といった噂が市場で流れたことでそれまで4万円台だったBCHが一時28万円に達するまで瞬間的に大きく値を伸ばした。今後もまだ目が離せない状況が続きそうだ。

2016/11〜2017/11 アルトコイン4種の価格推移(CoinMarketCapデータより作成)
2016/11〜2017/11 アルトコイン4種の価格推移(CoinMarketCapデータより作成)

また、もうひとつのポイントとしては「Segwit2X保留を背景とした大手マイニングプールの動向」だ。2017年11月に実施を予定されていたSegwit2Xが保留されたことでビットコイン支持者の中でネットワークの将来性に不安を感じている者は多いはずだ。こうした中で仮に大手マイニングプールが揃ってBCHを採掘し始めるような流れになった場合はまたBCHの価格が大きく変動する可能性があると考えている。

ライトコインライトコイン(LTC)

いわゆる「高速ビットコイン」とされており、取引の処理速度が早い点が特徴としてあげられる。例えば、ビットコインが約10分あたりに1つのブロックを生成するのに対し、ライトコインは2.5分おきにブロックを生成できる。

また、「歴史が長く、ライトユーザーからコアユーザーまで広範囲において一定の支持を得てきている仮想通貨である割に価額が安い」というのは投資家視点からは伸びしろを期待する上では魅力的だ。

このアルトコインを売買する場合は個人的には「ビットコインのチャートとの相関性を意識する」と良いと思う。技術基盤が比較的古いアルトコインという意味で他のアルトコインよりビットコインとの相関性が高く出易い側面があるため、ビットコインの値動きと非連動した場合に、正相関するのを狙ってエントリーしてみるのも面白いのではないかと思う。

リップルリップル(XRP)

別名「ブリッジ通貨」と呼ばれることもあり、金融機関、特に銀行が異なる通貨の受け渡しを行う際に一度リップルを中継(ブリッジ)することでどの国の通貨との交換も低コストで且つ迅速に実施するために用いられる。

実際には4秒未満の短時間での送金処理を可能とする独自のコンセンサスシステムを持っており、2009年頃より銀行などの各国金融機関と提携交渉を続け、2017年現在では提携金融機関100社を超えるまでに至っている。

そうした面を考慮すると、リップルを売買するには「金融機関に対するプレゼンスが維持されるかどうか」を意識するのが重要だ。具体的には『セキュリティ』に関するバッドニュースが出ないかどうか、という点とイーサリアムをはじめとした他のアルトコインがリップルのブリッジ通貨としての立ち位置を脅かすような参入をしてこないかどうか、といった点は意識しておきたい。

以上、現在私が注目しているアルトコイン4種をご紹介させて頂いた。これらのアルトコインは市況的に現在面白い局面にあるという視点でお勧めしている面もあるが、それだけではなく、ひとつひとつが仮想通貨業界の歴史を物語る魅力的なアルトコインだ。是非とも、一度はご自身の手でその値動きを感じつつ、歴史的・技術的背景を感じてみて頂けたらと思う。

福寄儀寛
福寄 儀寛
2002年東京大学法学部卒業。
在学中1999年よりFX投資を始め、現在も個人投資家としてトレードを研鑽。ビットコイン投資も2013年より手掛けており、FXおよびビットコイン投資に関するリスク管理手法の啓蒙と個人投資家の育成に従事。
投資家活動を進める一方、サイバーエージェントFX、Jトラストフィンテックなど複数企業にて事業運営にも携わっており、FXと仮想通貨事業双方の運営経験を活かし市場醸成に向けて情報発信活動も行っている。
メール
コラムの最新情報を無料で受け取る!

チャットで質問